シロアリ予防駆除 1000円/㎡~

全国平均2200円/㎡がなんと
業界の常識を覆す!床下50平米が5万円で可能!
便利屋和歌山のシロアリ予防駆除が圧倒的に安い理由

白アリ予防は未だに業界相場が家一軒20万~50万で行われます。

1平米1200円と言っても床下だけでなく必要のない中天井や天井、庭まで面積に入れて高額な料金が請求されることも珍しくありません。

もちろん、実際シロアリ被害があり、家全体シロアリ消毒を行わないといけない場合はあります。しかし白アリは基本的に床下から被害が出ますので、被害がなく予防であれば床下のみで十分なのです。

ではなぜ他社はいらない施工を行うのか、これはシロアリ業界全体の闇でもあります。大手のシロアリ会社は営業をたくさん雇い、家を一軒一軒回ります。シロアリ駆除や予防は件数が多くあるわけではないので、一軒お客をとると、そこからできるだけお金を取らないと営業やシロアリ会社は売り上げが上がらないという図になります。

これがシロアリ駆除、予防が高額になる実際の理由です。時には床下にいろいろな工事を施して200万近い請求をされることもあります。

便利屋和歌山は白アリのみでなく、害虫・害獣駆除全般、引っ越しや不用品回収など、色々な業務で経営していますので、白アリの仕事だけで食べていかなくても良い訳です。そのため他社のシロアリ業者と比べ4段安く、質は変わらずシロアリ予防や駆除を行えます。予防は通常の家で一軒5万~になります。

  白蟻被害、こんな時は要注意

  • リフォーム後、通気が悪くなった

  • 近所に廃材や木材が放置されている

  • 雨漏りがある

  • 床鳴りや床の浮き沈みがある

  • ドアや扉の上手く閉まらない

  • 羽蟻やクロアリを見かけることがある

  • 近隣にて白アリ被害があった
     

上記一項目でもあてはまれば、無料調査をお勧めします。

床下、柱、住まいののシロアリ調査は無料です。シロアリが住み着いていないかすぐにわかりますので是非ご利用ください。

​見えないところから被害を受けますので早期からお家の健康診断をしておくと安心、住宅を長持ちさせます。

シロアリ被害は修繕費が高額

家の中身を食害されると家の価値が格段に落ちてしまいます。

重要な柱や木材を食べられると中身がスカスカになり、床が落ちたり、屋根が落ちやすくなります。

その場合、修繕費用は多額になってしまい、新しい家でもすぐに建て替えや大規模リフォームが必要になります。

便利屋和歌山が選ばれる理由

便利屋和歌山は社団法人日本しろあり対策協会の指定工法を採用しているため、高品質な施工を行うことができます。

施工後の5年保証も付属しておりますので、再発施工しても費用はいただきません。

📞0120-644-442

見積もり相談無料!まずはご連絡ください。

お客様の口コミ

シロアリ駆除予防 2019年8月のレビューです

Dさんの口コミ

Yさんの口コミ

家のウッドデッキが白蟻に食べられており、電話しました。

ウッドデッキの解体もすぐに行って頂き、床下消毒だけでなく、屋根裏や、壁の中も消毒してもらいました。

2日間作業でしたが人当たりも良く、しっかり養生もしてくれました。

Mさんの口コミ

白蟻(シロアリ)ってどんな害虫?

『シロアリ』という名前を知らない人は殆どいないと思います。が、実際に見たことがある人は少ないのではないかと思います。

シロアリの主食は自然界でも珍しい『木』です。シロアリは木の主成分である「セルロース」を栄養としています。自然では倒木などを土に還す役割があります。そのシロアリを主食にしている動物や昆虫もいます。この重要性にお気づきでしょうか。シロアリは植物性たんぱく質を動物性たんぱく質に変換することができ、自然での食物連鎖において重要な立ち位置に存在しています。自然界では大活躍のシロアリも人間界では木造建築を破壊してしまう天敵となってしまうのです。


 次にシロアリとアリ(黒蟻)との関係についてです。アリという同名がある為「同じ種類?」「仲間?」だと思っている方も多いのではないかと思いますが、それは間違いです。シロアリは黒蟻と姿が似ていることと「社会性昆虫」である事から色が違うアリ。つまり「シロアリ」と名付けられたと言われています。しかし、成長工程の変態を見るとシロアリは蛹にはならないですが黒蟻は蛹になります。上記で姿が似ていると言いましたが厳密に言うと触覚の形や複眼の有無、括れの有無など異なる特徴の方が多くあります。これらから、現在の生物学ではシロアリはゴキブリ目、黒蟻はハチ目と分類されています。さらに最も大きな違いとして黒蟻はシロアリを捕食する事があります。つまりシロアリにとって黒蟻は天敵であると言えるでしょう。


 シロアリにも様々な種類があります。現在地球上に確認されているシロアリの種類は約2500種類、日本では22種類です。そのうち家屋に危害を加えるのは4種類になります。『ヤマトシロアリ』『イエシロアリ』『アメリカカンザイシロアリ』『ダイコクシロアリ』という名称です。

 

まず『ヤマトシロアリ』についてです。ヤマトシロアリは日本に一番多く生息しているシロアリです。シロアリ被害の9割はヤマトシロアリによるものであると言われています。生息地は北海道南部から本州、九州とほぼ日本全域となります。体長は3㎜~6㎜で1つの集団(コロニー)の個体数は2万~3万匹です。湿った木材を網目状の巣穴を作り、徐々に木材を食べながら範囲を広げていきます。ここで重要なのが湿った木材ということです。常に湿った木材を餌にする為、家屋では台所やトイレ、風呂場周辺である水周りが被害に遭うことが大きな特徴です。


 次に『イエシロアリ』についてです。ヤマトシロアリよりも温暖な気候を好んでおり日本では関東圏から九州までの太平洋側の地域に分布しています。体長は3㎜~7㎜で1つのコロニーの個体数はヤマトシロアリを大きく凌ぎ100万匹近くです。その為に、大きな巣を作り木材だけでなく黒蟻のように地中にも巣を作ります。ヤマトシロアリとの違いは個体数だけではなく、イエシロアリは水を運ぶ事ができ、乾燥している所にも蟻道を広げていくことができるのです。さらに個体数が多い事を踏まえると、様々な場所に短時間で被害を齎す事ができると言う事です。
 

 続いて、「アメリカカンザイシロアリ」です。名前の通りアメリカからの外来種である為、海外からの木材や家具の輸入時に付着して日本に住み着いたと推測されています。日本ではイエシロアリと同様の範囲で生息しています。体長はアメリカンサイズで上記の2種の約2倍。1つのコロニーの個体数は約2000~3000匹程です。アメリカカンザイシロアリの特徴としては上記の2種と違い乾燥に強い為、水周りなど関係なく巣を作る事ができます。よって、被害の状況や範囲が予想することが困難になります。「気づいたらこんな所まで!」という被害報告が多い様です。
 

 最後に『ダイコクシロアリ』です。ダイコクシロアリは今までに説明したシロアリよりさらに温暖な気候を好みます。日本では主に沖縄県や奄美大島、小笠原諸島などに分布しています。本州ではまだダイコクシロアリによる被害は確認されていません。今後の可能性があるとすると木材や家具に付着して来ることですが、世界では熱帯地域で生息している為、本州の気候では生存していけないと思われます。ダイコクシロアリは少し特殊で、大きな巣を作る能力がなく、小集団で発見されています。まだ被害数が本州では確認されていないこともあり、情報が少なく外来種でもある事から危険性が予測できない所が最もの特徴かもしれません。

 

 シロアリの対策としては、シロアリの弱点で「乾燥」というものがありました。一昔ではシロアリは乾燥地に弱い種類ばかりでしたが、今では時代の流れと共に外来種が生息しています。外来種は乾燥にも強い種類が多いので「乾燥」という対策は難しいでしょう。しかし、時代はシロアリだけに味方はしないです。人の建築も時代と共に変わりつつあります。シロアリに強い素材での建築、対シロアリ用の殺虫剤、物理的にではなくとも間接的に火災保険と同じように「シロアリ保険」というものもあるそうです。DIYで自分の力で補強したいという人もいると思いますが、今ではシロアリなどの害虫駆除を専門にしている業者も多いです。住まわれている家や高価なアンティーク家具は自分たちの財産であり、未来へ引き継がれていくものです。それを確実に守る為には一度そのような業務を請け負う所に一度一報を入れてみるのも良いかもしれませんね。
 


 

便利屋和歌山は和歌山を中心に関西全域をカバーしています。
遠方でも安心してお電話ください。
害虫(シロアリ)の生態と対策について 2019年7月

 やっと和歌山県にも梅雨が訪れ、ジメジメとした日々が始まっています。梅雨が明ければ昨年と同様の『猛暑』と呼ばれる。暑い夏が始まります。皆様も熱中症や脱水症に気を付けてください。しかし、夏に気を付けなければいけないのは『暑さ』だけではありません。夏には虫たちが1年のうちで最も活動する時期なのです。中でも人から『害虫』と呼ばれている虫たちも人の生活に悪影響を及ぼすことになると思われます。今回は数ある害虫の中から1種類を抜粋して生態と対策をお伝えしていこうと思います。1種類の害虫は人の住まいや家具などを間接的に脅かす『シロアリ』です。
 『シロアリ』という名前の昆虫をしらない人はほとんどいないと思います。しかし、実際に見たことがある人は少ないのではないのでしょうか?シロアリの主食は自然界でも珍しい『木』です。シロアリは木の主成分である『セルロース』を栄養としています。自然界では倒木などを土に反す重要な役割があります。そのシロアリを主食にしている動物や昆虫もいます。この重要性に気づかれている方もいるのではないでしょうか?シロアリは植物性たんぱく質を動物性たんぱく質に変換することができ、自然界での食物連鎖において重要な立ち位置を担っています。しかし、自然界では大活躍のシロアリも人間界では木造建築を破壊してしまう天敵となってしまうのです。
 次にシロアリの種類についてです。シロアリにも様々な種類があります。現在地球上に確認されているシロアリの種類は約2500種類、日本では22種類確認されています。そのうち家屋に危害を加えるのは4種類になります。『ヤマトシロアリ』『イエシロアリ』『アメリカカンザイシロアリ』『ダイコクシロアリ』という名称です。
 まず『ヤマトシロアリ』についてです。ヤマトシロアリは日本に一番多く生息しているシロアリです。シロアリの被害の9割はヤマトシロアリによるものであると言われています。生息血は北海道南部から本州、九州とほぼ日本全域となります。和歌山県は木造建築の家屋が多いため、相当の被害報告があります。体長は3㎜~6㎜で1つの集団(コロニー)の個体数は2万~3万匹です。湿った木材を網目状の巣穴を作り、徐々に木材を食べながら範囲を広げていきます。ここで重要であるのが湿った木材ということです。湿った木材であるため、梅雨の時期から活発に活動を始めます。また常に湿った木材をエサにするため家屋では台所やトイレ、ふろ場周辺である水回りが被害に遭うことが大きな特徴です。
 次に『イエシロアリ』についてです。ヤマトシロアリよりも温暖な気候を好んでおり日本では関東圏から九州までの太平洋側の地域に分布しています。和歌山県も気候や地域の条件を満たしているため、発生報告は多いです。体長は3㎜~7㎜で1つのコロニーの個体数はヤマトシロアリを大きく凌ぎ100万匹近くです。そのために、大きな巣を作り木材だけではなくクロアリのヤマトのように地中にも巣を作ります。ヤマトシロアリとの違いは個体数だけではなく、イエシロアリは水を運ぶことができ、乾燥している所にも蟻道を広げていくことができるのです。さらに個体数が多くなることを踏まえると、様々な場所に短時間で被害を及ぼすことができるのです。
 続いて『アメリカンカンザイシロアリ』です。名前の通りアメリカからの外来種であるため、海外からの木材や家具の輸入時に付着して日本に住み着いたと推測されています。日本ではイエシロアリと同様の範囲で生息しています。体長はアメリカンサイズで上記の2種の約2倍。1つのコロニーの個体数は約2000~3000匹ほどです。アメリカンカンザイシロアリの特徴としては上記の2種と違い乾燥に強いため、水回りなど関係なく巣を作ることができます。よって被害の状況や範囲が予想することが困難になります。和歌山県でも「気づいたらこんな所まで!」という被害報告が多いようです。
 最後に『ダイコクシロアリ』です。ダイコクシロアリは今までに説明したシロアリよりさらに温暖な気候を好みます。本州ではまだダイコクシロアリによる被害は確認されていません。今後の可能性があるとすると木材や家具に付着してくることですが、世界では熱帯地域で生息しているため、本州の気候では生存していけないと思われています。万が一の可能性としては地球温暖化などの異常気象にて日本の気候が大きく変化することです。近年では冒頭でもお話ししたように『猛暑』という日々が続くことがありますので可能性としてはあると思われます。ダイコクシロアリは少し特殊で、大きな巣を作る能力がなく、小集団で発見されています。まだ被害数が本州では確認されていないこともあり、情報が少なく外来種でもあることから危険性が予測できない所が最もの特徴かもしれません。
 シロアリの対策としては、シロアリの弱点で「乾燥」とい物がありました。少し前まではシロアリは乾燥に弱い種類ばかりでしたが、今では時代の流れと共に外来種が多く生息しています。外来種は乾燥にも強い種類が多いので「乾燥」とう対策は難しいでしょう。しかし、時代はシロアリだけに味方はしていません。人が行う建築も時代と共に変わり進化しています。シロアリに強い素材での建築、タイシロアリ用の殺虫剤、物理的にではなくとも間接的に火災保険や自動車保険と同じように『シロアリ保険』というものもあるそうです。最近ではDIYで自分の力で補強したいという人もいると思いますが、今ではシロアリなどの害虫駆除を専門としている便利屋さんなどの業者もあります。和歌山県では『便利屋和歌山』が有名です。住まわれる家や高価なアンティーク家具は自分たちの財産であり、未来へ繋がれていくものです。それを確実に守るためにはそのような業務を請け負う所に連絡してみるのも良いと思われます。シロアリに関しては以上となります。
 

シロアリの生態と駆除について 2019年10月

 和歌山県でも本格的な秋が始まり、だんだん寒くなる日々が過ぎ去っていきます。もうじき冬が始まろうとしていますが、今年一年の中で害虫に悩まされた方は多いのでないでしょうか?今回は今年一年のおさらいとしまして害虫についてお話していこうと思います。害虫の中でも、和歌山県で最も被害報告が多かった『シロアリ』について生態と駆除を分かりやすくお伝えしていこうと思います。

 まず生態です。白いアリという名前がついている『シロアリ』ですが、実はクロアリとは食性も生態も全く異なり、どちらかというと害虫を代表するゴキブリやハチの仲間です。シロアリの主食は自然界でも珍しい『木』です。シロアリは木の主成分である『セルロース』を栄養としています。自然では倒木などを土に還す役割があります。そのシロアリを主食にしている動物や昆虫もいます。この重要なことにお気づきでしょうか?シロアリは植物性たんぱく質を動物性たんぱく質に変換することができ、自然でも食物連鎖において重要な立ち位置に存在しています。しかし、自然界では大活躍のシロアリも人間会では木材建築を破壊してしまう天敵となってしまいます。クロアリは女王を中心とした社会性昆虫であるのに対して、シロアリは女王と王のペアを中心とした社会性昆虫です。卵から幼虫を経てほとんどのアリは働きアリとなりますが、一部は頭部が発達した兵アリとなります。コロニー(集合体)がある程度大きくなくるとニンフという階級のアリが誕生していきます。やがて羽が生え、羽アリとなって一斉に飛び立ちます。飛び立った羽アリは着置すると羽を落とし、オスとメスが新たなカップルとなり新しいコロニーを作り始めます。

 世界では約2500種類、日本には22種類のシロアリが生息していますが、大半のシロアリは土壌改良に重要な役割を果たしている益虫です。家屋に被害を及ぼすシロアリは4種類ですが、主要なのは『ヤマトシロアリ』と『イエシロアリ』特にヤマトシロアリが多く、8割~9割を占めています。この2種に関しては和歌山県でも多くの被害報告があります。『ヤマトシロアリ』は体長3㎜~6㎜で1つの集団(コロニー)の個体数は2万~3万匹です。北海道の南部から本州、九州とほぼ日本全域に生息しています。山や林の朽ち木や、庭や家の土台のあたりの湿って腐りかけた木材などでよく発見できます。「エサ=巣」であるため、エサ場の環境が悪くなると、新しいエサ場を求めてコロニーごと移動します。『イエシロアリ』は体長3㎜~7㎜で1つのコロニーの個体数はヤマトシロアリを大きく凌ぎ100万匹近くです。そのために大きな巣を作る必要があるので、屋根裏や床下、土中などで巣を作ります。そこを拠点に長い地下道を作って侵入するため、家についたシロアリだけではなく、巣を探して巣ごと駆除することが必要です。生息地はヤマトシロアリよりも温暖な気候を好んでおり日本では関東圏から九州までの太平洋側の地域に分布しています。両者の見分け方は働きアリでは難しく、羽アリか兵アリで識別します。まず羽アリでの識別方法です。ヤマトシロアリは黒色の羽を持っています。4月~5月の昼間に一斉に飛び立ちます。一方、イエシロアリは茶褐色の羽を持っています。6月~7月の夜に飛び立ちます。兵アリでの識別方法です。兵アリは働きアリよりやや大きく、頭の先端に大きなハサミを持っているため、その頭の形で見分けます。細長く円筒状の形をしているのがヤマトシロアリです。どちらもそれぞれ特徴がありますが、小さいのに変わりありません。見分けるのは困難であると思われます。

 また極僅かですが、外来種のシロアリも生息しております。代表的であるのが『アメリカカンザイシロアリ』と『ダイコクシロアリ』です。『アメリカカンザイシロアリ』とは名前の通りアメリカからの外来種であるため、海外からの木材や家具の輸入時に付着して日本に住み着いたと推測されています。日本ではイエシロアリと同様斧範囲で生息しております。体長はアメリカンサイズで上記の2種の2倍。1つのコロニーの個体数は約2000~3000匹程です。『ダイコクシロアリ』は今までに説明したシロアリよりさらに温暖な気候を好みます。日本では主に沖縄県や奄美大島、小笠原諸島などに分布しています。和歌山県ではまだダイコクシロアリによる被害報告は確認されておりません。今後の可能性があるとすれば木材や家具に付着して来ることですが、世界では熱帯地域で生息しているため、和歌山県での気候では生存していけないと思われます。ダイコクシロアリは少し特殊で、大きな巣を作る能力がなく、小集団で発見されています。まだ被害報告が和歌山県でも確認されていないこともあり、情報が少なく外来種でもあることから危険性が予測できないところが最もの特徴かもしれません。

続いてシロアリによる被害についてです。ヤマトシロアリは湿った木材を食べて栄養と水分を摂取します。あまり食欲は旺盛ではないので、加害の方も緩慢です。家の被害も、浴室や湿気の高い床下などの下部に集中しています。イエシロアリは繁殖力が強く、古い木材よりも新しい木材を好みます。食欲は旺盛で加害も急激なため、被害が家屋全体に及んで家が倒れることもある危険種です。大抵の場合、シロアリは土の中から家の基礎部分を伝って、床下の木材部分に侵入しそこで営巣します。シロアリは光と乾燥を嫌う傾向がありますので、エサを探すためでも木材の外に出てくることは滅多にありません。最も住処にしている場所が主食である木材であるため、その場所を食べ尽くさない限り姿を現す必要はないのです。逆に姿を発見してしまうと、その場所がすでに食べ尽くされていることになるため、注意が必要となります。家の中で被害の危険性が高いのはキッチン、トイレ、浴室になります。これらの共通点としては『水回り』という点です。上記でも少し説明しましたがシロアリのほとんどは『乾燥』を極端に嫌います。そのため、湿り気を求めてその3点の場所が被害を受けることが多いようです。しかし、アメリカカンザイシロアリは乾燥に強い特徴を持っています。よって、家の中でも水回り以外の場所でも被害を受ける可能性があります。被害の範囲は家だけではありません。和歌山県での被害報告では家具の被害も多数ありました。例としては使わなくなったグランドピアノや輸入物の家具、スピーカーなどからシロアリが発生していたことがあります。シロアリは目に見えない場所で繁殖しています。シロアリの女王ありは一年産卵します。特に春から夏、特に温度と湿度の上がる梅雨の後半に大量の卵を産み増殖します。産卵数が多いのは春、夏ですが、秋や冬にも産卵するケースがあります。近代では暖房器具や加湿器などが発達と普及しており、それらの影響が大きくシロアリにも快適な空間を提供しているケースがあります。冬だからと油断しないでください。

続いてシロアリの駆除についてお話していきます。「シロアリの駆除は専門業者以外してはいけない」という訳ではありません。というのも、害獣や害鳥の駆除となると市町村の許可や特殊な資格を必要とするケースがあるため、確認の意味を込めてお伝えしました。シロアリの予防や駆除については基本的にスプレー式タイプで直接シロアリに吹きかけて駆除するものです。また塗料タイプのものもあります。塗料タイプはシロアリが木材を食べたときに駆除する待ち伏せタイプです。その塗料によっては木材の腐食防止にもなります。また塗料タイプでは建材に塗る、建材に穴を開けて直接注入する、直接散布する、土壌に散布するなどの様々なタイプがあります。注意点としては効果を期待するあまり散布しすぎてしまうと臭いが残ることや、健康を害することにつながる危険性があるので注意が必要です。シロアリの予防や駆除になると基本的にDIYの技術と知識が必要となります。予防であれば、季節ごとのシロアリのチェックなどはDIYでも十分行うことができると思われます。しかし、すべての人がDIYを趣味としているとは言えません。特に駆除ともなれば、DIYの趣味の領域でも完璧に駆除することは容易ではありません。さらにDIYはコストもかかります。シロアリとは徹底的に駆除する必要があります。またシロアリの対策としては家を建築する際に、シロアリに強い素材で家を建てる、上記のように物理的にではなくとも間接的に火災保険と同じように『シロアリ保険』というものもあります。今から家を建てようとされている方はこのような対策を取るのも良いかと思われます。

ではすでに建っている家はどうよればよいのか?シロアリの不安を感じ取った、被害を発見したら、まずは専門業者に相談や、無料調査を依頼しましょう。シロアリを捕獲している場合、メールや写真を送ってシロアリかどうかの判断をしてくれるシロアリ駆除業者もいます。和歌山県では便利者和歌山がそのような業務を担っています。無料と言っても業者にとっては大切な営業活動の一環ですから、その内容はシロアリの危害を把握するのに充分なものになります。立地環境、家の外回り、床下、室内を調査してもらい、シロアリの有無を判断してもらう。もし繁殖しているなら種類を特定し被害の広がりを想定してもらう。その上で駆除とその後の予防計画を立てて提案してもらう。ここで注意しなければいけないのが、いきなり料金を請求してくる違法の業者が時々いるということです。上記でも説明した和歌山県にある便利屋和歌山はそのような業者とは違います。家は家族の財産です。その財産を守る術を教えてくれるパートナーであるため、いろいろとメンテナンス計画などを相談できる業者さんを見つけておくのも良いかもしれません。シロアリの駆除にはアフターフォローも必要になります。基本的に、正規のシロアリ駆除の業者であれば、シロアリの発生が確認できず、被害の痕跡が見つからない場合は、調査は終了しそこまでの費用は無料となっています。シロアリの被害が見つかり、予防・駆除対策を行った後や、被害が発生していなくても予防対策を依頼した場合は有料になります。正規のシ

便利屋和歌山は創業12年、従業員数20名、地域に根付いた会社です。引っ越し・不用品回収・ごみ処分・遺品整理、害虫・害獣駆除・草抜・剪定・家事代行まで幅広く行います。 お気軽にご相談ください。

便利屋和歌山

不用品回収のことなら

便利屋和歌山|本店  〒640-8404 和歌山市湊556番地
便利屋和歌山|西浜店 〒641-0036 和歌山市西浜921
お問合せ TEL 0120-644-442
  • Twitter Social Icon

©Copyright 便利屋和歌山 All Rights Reserved.