2019年、ヤマトの引っ越しサービス中止に伴い、引っ越し難民が急増します。

ヤマトHDは不正請求問題が解決するまで、法人向けだけでなく個人向けの引っ越しサービスについて新規受注を中止すると発表しており、国土交通省より全国の引っ越し業者は依頼を割り振り乗り切るように異例の通達がありました。

しかし、引っ越しの重なる春や秋はどこの引っ越し業者も予約が埋まるため、引っ越しできない引っ越し難民とそれを狙う悪徳業者が増加するといわれています。

便利屋和歌山は季節にかかわらず一定料金で、地域最安価格での引っ越しを目指して努力しております。

引っ越し

見積もり相談無料! 📞0120-644-442

引っ越しを頼みたい
けれど、どこの業者
が良いかわからないし。
県内での引っ越し
だから安くならない
かしら・・・。

地域密着です
ので他社に比べ
低価格のご利用が
可能です。
遠方もお任せください!

和歌山・大阪の転勤入社入学住み替えは便利屋和歌山にお任せ下さい!

料金目安

作業前にお見積りし、ご納得の上、作業させて頂きます。

見積もり以上の金額を請求することはありませんのでご安心ください。

下見不用!電話予約のみの『らくらく引っ越し』も可能です。

単身、2ドア冷蔵庫、段ボール20個程度なら「引っ越し軽トラパック!」

大手では不可能!軽トラックで楽々引っ越し行いませんか?軽トラックに荷物を積み放題で作業員1名、料金15000円税別で行います。

格安プランですので是非ご利用ください。

和歌山引っ越しパック

・軽トラック 15000円 作業員1名付き 引っ越し距離30分以内

・1トントラック 35000円 作業員2名付き 引っ越し距離30分以内

・2トントラック 50000円 作業員2名付き 引っ越し距離30分以内

搬出搬入状況、距離により料金が変動しますのでお電話にてお問い合わせください。

※スタッフは一名7,000円で追加可能です。(荷物が一点、または少量の場合2,000円~)

荷物にあった料金
プランで節約できたわ♪

いろいろ融通がきくし、
またお願いするわね♪

ありがとう
ございました!
お荷物を大切に
運ばせて頂きますので
またご利用下さい。

見積もり相談無料!まずはご連絡ください。

📞0120-644-442

引っ越しの極意は捨てること!不用品処分もお任せ下さい!

引っ越し後、持っていかない家具や家電、生活ごみをまとめて

片づけ処分することで引っ越し後すぐに大家さんに引き渡せます。

不用品処分、軽トラ1台積み放題15,000円~

引っ越しでお問い合わせの際に、不用品処分もあります。と仰って下さい。

通常の不用品処分価格より30%OFFで引っ越し後の不用品をなんでも処分いたします。

引っ越しの商品とは、作業を行う作業員一人ひとりが商品です。

良い引っ越し作業が私たち便利屋和歌山の引っ越しサービスです。

女性スタッフはお客さまのご要望によりお荷物の箱詰め作業や梱包作業を行います。

お皿や割れ物の梱包運送もお任せ下さい。

お客様ご自身で梱包を行う際はお皿は新聞紙等で梱包後立てて段ボールに隙間が無いように詰めて頂くと割れにくくなります。段ボールの底はH型に貼るのではなく、十字にガムテープを張ってくださると強度が上がります。

引っ越しが決まったら確認しておくポイント

1、賃貸借契約の解約を連絡し解約届けを送る。

賃貸物件の場合、大家さん、仲介不動産業者に「〇△日引っ越しするので解約したい」と伝え、解約届けを送る。

解約届けは賃貸契約書の最終ページに解約届けがついていることが多いので、写真やFAXで送付しましょう。

電話だけでは言った言わないの論争となり、家賃を1ヶ月分多く支払う羽目になることも・・・

契約書で解約予告の期間が定められている場合が多いので少なくとも引っ越し3か月前には契約書をもう一度見直そう。

 

2、引っ越し先のインターネット契約を早めにしよう。

引っ越し先のインターネット接続環境は確認しましたか?マンション等はあらかじめ接続環境が用意されている場合もありますが、回線が整っていない物件の場合、最悪工事が必要になります。その場合、面倒な手続きや1ヶ月工事を待つことになりますので、引っ越し前に進めておきましょう。

​3、新居のレイアウトを考えておこう!

引っ越し前に新居の家具のレイアウトを考えておくと、不要な家具や荷物を処分する良い機会になります。

統一感のある綺麗な部屋にするのは引っ越しのタイミングがチャンスです。

4、電気・水道・ガス・郵便の手続きをしましょう!

​忘れがちな手続きをしておきましょう、特にガスは立ち合いが必要になりますので、事前に確認しておかないと、引っ越し先でお風呂に入れないなんてことも・・・

5、引っ越し後にすぐ使用する物品、洗面類などは別に保管しておくと便利!

引っ越しすると必ず起きるのが、「あれ?あれどこに入れたっけ・・・」という現象です。運びこんだ段ボールの山を全て開けてさがしていると収拾がつかない状態になってしまいます。結局再度買って、引っ越しが落ち着いた頃に出てくるなんてことも・・・

6、引っ越し前日、洗濯機や冷蔵庫の水抜きをしておこう!

冷蔵庫の『水抜き』と『霜取り』をします。
水抜きは、冷凍庫の氷や、冷蔵庫内の水分を捨てることです。当日氷が残っている場合は引っ越し中傾けた時に床がびしょびしょなんてこともあります、早めに冷蔵庫の電源を切り、溶かしておきましょう。
電源を切ったあとドアを開けておくと霜が溶けるのでタオルで拭いておくと完璧です。
冷蔵庫によると霜取り機能が備わっている場合もあります。

引っ越し時の荷造りのコツ

 和歌山県の秋になり紅葉が見ごろになってきています。紅葉が過ぎると寒くなり冬が訪れ、またすぐに春になります。春と言えば引っ越しのシーズンです。無理やり秋から引っ越しに連想してみるとこのようになりました。しかし、春は本当に引っ越しが込み合う時期で引っ越し業者に依頼できなく、引っ越しがどんどん遅れてしまうといったことで悩まされる方が多いのは事実です。そのため、引っ越しを早め、冬頃から引っ越しを始める方も増えてきているのも事実です。和歌山県も他府県への引っ越しが多い為、春周辺は込み合っております。引っ越しには転居の手続き、見積もり、業者選びなどしなければいけないことが山ほどあります。その中で手をつけるタイミングが難しく、最も時間がかかり、苦労するのが荷造りではないでしょうか?引っ越しの荷造りは生活をしながら行うことになるため、なかなかはかどらず思いのほか時間の掛かる作業です。懐かしい物を見つけて手を止めてしまったなどというケースがある方も多いと思われます。荷造りを業者に任せるという選択肢もあります。和歌山県では便利屋和歌山が引っ越しのすべてを引き受けております。しかし、余裕を持って始めれば自分でもできることです。今回は少しでも費用を抑えたいとい方向けに、引っ越し作業インと同等の荷造りができる様に、引っ越しに関するコツについてお伝えしていきたいと思います。

 ではよくある質問では引っ越しはいつから始めればいいの?という方が多いです。引っ越しの荷造りは可能な限り早く始めたほうがいいのは分かっていても、物事には順序があるように引っ越しにも順序があるものです。おおまかな流れは、賃貸住宅であれば、大家さんや不動産への連絡、新居探し、引っ越し業者探しとなります。引っ越しの荷造りを始める時期は、遅くとも引っ越し予定日の2週間前が目安と言われています。賃貸契約の解約予告期間の多くが約1か月前となっていることもあり、引っ越し業者が決まり自宅に火づくり用の資材が届く時期ともタイミングが一致します。ここで荷造りに必要な物品について説明していきます。物品は軍手(けが予防のため必要で滑り止めが付いているのを選びましょう)カッター・ハサミ(どちらも必要となります)ワレモノシール(シールを貼ることで、ワレモノであることを一目で伝えることができます)ガムテープ(重ね貼りがしやすく、丈夫な布テープがオススメです)セロハンテープ・ビニールテープ(用意しておくと何かと便利です。配線をまとめる際などに役立ちます)油性マジック(ダンボールの中身を書く時に使います。1本で2種類の太さが使えるのが便利です)ビニール袋・輪ゴム(衣類や布類、液体が入った容器などを包むのに便利です)工具(中には解体が必要な荷物もあるため、ドライバーなど最低限の工具を用意しておきましょう)ダンボール(近所のスーパー、ホームセンター、家電量販店などで無料入手することができます)以上が荷造りの際に必ず必要となる用品です。

 ではここからは荷造りのコツについて具体的に説明していきます。引っ越しの荷造りで先に手をつけておきたいのが、普段使わないもの、または不用品が多く仕舞われている押し入れです。不用品処分にも時間が掛かりますので、荷造りと同時に進めていきたいところです。ダンボール箱に入るものはダンボール箱に来客用の布団などは布団袋にそれぞれ荷造りが終わった状態で押し入れに戻しておくのがコツです。荷造りが終わった荷物を押し入れに戻しておくことで部屋も広く使え、その後の作業をするスペース確保することができます。また歯ブラシ、洗面用具、台所用品など引っ越し直前まで使用するもの、タオル、石鹸、着替え、雑巾、ゴミ袋など引っ越し先ですぐに使うようなものは手持ちの荷物としておいた方がいいでしょう。転居先ですぐになかったら困るのがトイレットペーパーです。引っ越し前は最低限の買い物で済ませようと、消耗品は『向こうで買えばいいか』と考える人が多い物です。転居先で近くにコンビニなどがあればいいのですが、トイレットペーパーは待ったなしの生活必需品なので忘れずに用意しておきましょう。また上記で説明した必要物品の工具にあるドライバーも転居先ですぐに使う物であるため、すぐに使える状態にしておくと良いでしょう。例えば、洗濯機の給水栓の取り付けなどは業者のオプション作業となっている事も多く、ドライバーがないことには洗濯機が使えないことになります。和歌山県にある便利屋和歌山でも取り付けはオプションとなっておりますので要相談です。また電子レンジのアース線接続など、自分で行う必要がある作業には多くの場面でドライバーが重宝します。

 続いて荷造りを始める順番です。荷造りをしている間も引っ越し当日までは普段通りの生活があります。廊下や玄関、家族がくつろぐリビングなどが荷造りで溢れかえるようなことは避けたいものです。引っ越しの荷造りをしながら快適に暮らすためには、玄関から遠い部屋から始めるのが賢い手段です。玄関近くの部屋から荷造りを始めてしまうと部屋に入りづらい、外に出づらいといったことになります、ご家族が多い引っ越しの場合では「荷造りが終わった荷物はこの部屋に」という部屋を一つ決めておくのも良い方法です。

 引っ越し業者が用意するダンボール箱を利用される方がほとんどだと思いますが、このダンボール箱にはサイズがあり、それに適した荷物というのがあります。小さいサイズのダンボールであれば、本、食器、CD、DVD、レコードなどです。中ぐらいのサイズのダンボールであれば、おもちゃ、小物類になります。大きいサイズのダンボールになると衣類などが有効です。例えば、衣類用の大きなダンボールに、本やレコードなど小さくて重量のあるものを箱の容量いっぱいに詰め込んでしまうと、引っ越し業者でも持ち上げることができないかもしれません。仮に持ち上げることができたとしても、ダンボールの底が抜けてしまうことにつながります。ダンボール箱への箱詰めの基本は『軽い物は大きなダンボールに、重い物は小さなダンボールに』と覚えておきましょう。荷造りが終わったダンボールには、引っ越し先でどの部屋に運び込むかが分かるような記載があると、引っ越し作業がスムーズに進みます。『1階和室』『2階寝室』『1階キッチン』などです。この時、ダンボールを積み重ねても分かるように行き先の部屋をダンボールの側面に書くことがコツです。ダンボールに行き先の部屋を書くには、文字がはっきり見える太字のマジックがオススメです。色は特に指定しないですが、食器などのワレモノや壊れやすい物には目立つ赤色などが作業員も分かりやすいと思われます。行き先の部屋は黒マジック、ワレモノや壊れやすいものには赤マジックでワレモノと追記するなど、2色ぐらいのマジックを使い分けると作業員が喜ばれます。

 引っ越しの荷造りでは輸送に耐えうる箱詰めに留意する必要があります。引っ越し業者が箱詰めをした場合を除き、輸送後に荷物が破損していた場合などは、外観に大きな損傷がなければ荷造りをした側の責任になります。荷物にはそれぞれ適した荷造りの方法があり、引っ越しの現場では引っ越しの現場では引っ越し作業員に荷造りの改善を求められるケースがあります。引っ越し作業員が実際に行う荷物に合わせた箱詰め、荷造りのコツなどを紹介していきます。まず『冷蔵庫』です。コンセントを抜くと冷蔵庫内が外気に戻っていく段階で結露が発生することや、冷凍庫内の霜が溶ける段階で水が発生します。引っ越しの前日、または遅くても6時間程度前までに冷蔵庫、冷凍庫を空にしてコンセントを抜きます。この時冷蔵庫、冷凍庫の扉は開けたまま底に厚手のタオルなどを敷き、結露や霜が溶けることで出た水分を吸収させ、冷蔵庫内を乾燥させます。冷蔵庫内に保存していた密封できない調味料類、しょうゆ差しなどは中身を捨てる方が無難です。ビン類などはジップロックを併用し、詰めた箱には誰が見ても分かりやすいよう赤マジックなどでワレモノと記載しておくと良いでしょう。続いて『食器類』です。食器類の荷造りには、引っ越し業者が使うミラーマットという専用の緩衝材があればベストですが、なければ新聞紙でも十分代用可能です。新聞紙一枚を広げて軽く揉みほぐして空気を含ませてから使うのがコツです。食器を一つずつ丁寧に包み、重たい食器を下に軽い食器を上に、お皿は平らではなく立てて並べていきます。こうすることによって上からの加重がかかった場合は割れにくくなるのです。ポイントとしては詰め終わった箱をゆすってカチャカチャ音がするようであれば、隙間に新聞紙などを詰めて中身が暴れないようにします。食器類の箱詰めは重くなる傾向があるので、小さめのダンボールを使用し、誰が見ても分かりやすいように赤いマジックなどでワレモノ、または食器と書いておきましょう。続いて『衣服類』です。コートやスーツなど長物衣服類は業者の用意するハンガーボックスで、衣服をハンガーにかけたまま運ぶことができます。シワが付くことなく運べる優れものですが、ハンガーボックスを用意していない業者もあります。便利屋和歌山では準備してくれています。業者によっては洋服タンスの中身をそのまま運ぶところ、中身を出して箱詰めするように指摘されるところがあります。プラスチックの衣装ケースは中身が入ったままで問題ありません。着物などの特殊な衣類には専用のダンボールやケースが用意されている業者も多いです。衣類は大きなダンボールに畳んで平らに箱詰めするのがコツです。衣類用のダンボールは洋服など軽い荷物を対象にしているため、サイズが大きく作られてあります。多くの荷物を箱詰めできるため、衣類以外の荷物を入れたい気持ちはわかります。食器やノートパソコンなどを衣類で包んで、衣類用のダンボールに入れるというケースがあります。しかし、引っ越し作業員は衣類用のダンボールに衣類以外の荷物を荷造りするのをやめましょう。荷物の破損につながります。続いて『テレビ』です。テレビアンテナの脱着、配線などは基本的に引っ越し業者の有料のオプションになります。コンセントの抜き差しぐらいは行って頂けると思いますが、引っ越し業者の作業範囲は基本的に機器の運搬、設置のみとなります。テレビ・オーディオの配線、インターネットの接続など、ご自身で行う自信のない場合にはこのような有料オプションを利用するのが良いでしょう。ちなみに便利屋和歌山でもオプションがありますのでお得になります。続いて『パソコン』です。パソコン購入時の外箱と緩衝材があればベストですが、多くの引っ越し業者は当日荷造りしてくれます。テレビ・オーディオと同じく配線やインターネット接続は有料オプションとなっているところがほとんどです。また運搬時のデータ損失は引っ越し業者免責となりますので、大事なデータのバックアップは必須と言えるでしょう。最近では引っ越し業者指定のインターネットプロバイダー新規加入で、引っ越し料金の大幅割引やキャッシュバックがあることや、さらには引っ越し料金が無料になるところもあります。続いて『本・CD/DVD』などです。本やレコード、CD/DVDなどは食器類と同じく引っ越し業者指定のダンボール、または小さめのダンボールに入れるようにします。いずれも箱の中で本やレコードが動くことのないように隙間なく詰めるのがコツです。レコードであれば立ててできるだけ隙間なく、空いてしまった隙間には新聞紙などの緩衝材を使用します。ダンボールの積み重ねに耐えられるよう、本やレコードとダンボールの上蓋には特に隙間がないように包みましょう。ダンボール自体が壊れてしまうので、本やレコード、CD/DVDなどはくれぐれも詰めすぎない様に重さを調整することが必要です。上記でも説明しましたが、自分が持てない重さのダンボールは引っ越し作業員も持てないかもしれないと考えましょう。

 続いて『机』についてです。机など引き出しの中身についてはそのままでも運べますが、間違いなく輸送中に中のものがぐちゃぐちゃになってしまいます。たいていダンボール数固程度の物量で収まるのだと思いますので、きちんと箱詰めして運ばれる方が無難です。飾り棚、鏡台などの引き出しについても同様です。引き出しの中にしまうものは細かいものが多いと思いますので、箱詰めをするダンボールの内側の底、合わせ目にガムテープを張るなどしておくと最適であると思われます。

 続いて『洗濯機』です。洗濯機の取り付け、取り外しともに標準サービスとしている引っ越し業者が多いようですが、有料オプションとしているところもあります。衣類はすべて取り出し水をきちんと抜いておきたいところです。ドラム式洗濯機の場合、輸送用の固定ネジ(輸送ボルト)がないと洗濯機が故障する可能性があります。失ってしまった場合にはメーカーへの問い合わせをオススメします。

 最後に『ベッド』『寝具』についてです。家具類、ベッドは引っ越し業者が分解、組み立てを行うケースがほとんどです。分解、組み立てにはあらかじめ家具やベッドに付属する専用工具が必要になる場合があるので、このような専用工具は引っ越し後も泣くさないようにしないといけません。また、現在の住居に吊り上げ、クレーン作業など特殊作業で搬入した家具などがある場合にはあらかじめ引っ越し業者にその旨を伝えることが必要です。

 具体的な荷造りについて説明させていただきました。しかし、蒸気を参考にされてもまだ荷造りに苦戦される方はいらっしゃると思います。特に初めて引っ越しをされる方は、思いのほか荷造りに時間がかかることを実感されるのではないでしょうか?多くの方は費用を安く抑えるために、自分で荷造りをする引っ越しプランを選択されます。しかし、もしも当日までに荷造りを終えられなかった場合、業者が有料で作業することになるか、最悪の場合、引っ越しそのままが依頼者の都合でキャンセルされる恐れもあります。依頼者によるキャンセルの場合、当然キャンセル料が請求されることになり、当日キャンセル料が請求されることになり、当日の場合には費用の最大50%を上限に業者が請求してよいことになっております。「引っ越しの前日になって、荷造りが終らないので」と業者に荷造りサービスを依頼することは困難です。自分で荷造りをする引っ越しプランを選択した場合でも、ダンボールへの箱詰めなどやってみて「当日までは終わらない」と不安を感じたのであれば、早めに業者の荷造り梱包サービスを利用することも検討してみましょう。引っ越し業者の荷造りサービスの相場は、基本的に一部屋1名の梱包作業で25000円前後からとなっており、荷物の量と部屋の間取りなどによって価格は変動します。引っ越し業者の荷造りサービスは梱包専門の作業員が行うので、素人が行う荷造りとは一線を画すものです。和歌山県の便利屋和歌山にも梱包専門の作業員がいます。引っ越しの荷造りにかかる期間はだいたい2週間程度必要と言われていますが、荷造りサービスを利用すれば1日内に、大きな引っ越しでも2日あれば終了できます。

また引っ越しの荷造りをしていて一番時間を取られてしまうのが、いるものといらないものの仕分けではないでしょうか?特に古いアルバムなど思い出のあるものが出てきたりすると、ついつい荷造りの手が止まってしまうこともあるのではないのでしょうか?新居に持っていくもの捨てるものの判断に迷うようなものは、とりあえず一時的に避難させておくというのも一つの手段です。業者の中には荷物の一時的な預かりを行っている業者もあります。『トランクルーム』というサービスです。便利屋和歌山にもこのようなサービスがあります。便利屋和歌山では私有地での空きスペースを使用し、私物を預かるサービスを行っています。他業者のトランクルームや貸金庫を利用するよりもはるかに安い金額で物を預けて置けるのが特徴です。預けた荷物の紛失、破損など万が一の際の保証もあります。必要な期間だけ利用できるので「荷造りが終らない」なんて時にとりあえずまとめて預けておくのも良いのではないでしょうか。

荷造りについてのまとめです。上記で説明したポイントは『引っ越しの荷造りスタートの目安は2週間前』『普段使わないものを先に、使うものを後に』『玄関から遠い部屋を先に、近い部屋を後に』『軽いものは大きなダンボールに、重いものは小さいダンボールに』のこの4点です。さらにダンボールに入れられるものは徹底的にダンボールに箱詰めすることです。箱に詰めることでダンボールを重ねることができ、荷造りのスペースも確保できるようになります。また引っ越し当日の作業もスムーズになり、荷物破損のリスクを減らすことにもつながります。何よりもきちんと荷造りされた荷物は、引っ越し作業員も丁寧な扱いをするものです。どうしても荷造りが終らない時は『トランクルーム』などの一時的な預かりサービスも視野に入れることです。便利屋和歌山特有のサービスもお忘れなく。引っ越しについて荷造りのコツの説明は以上となります。何か不明な点や悩みごとがありましたら一度便利屋和歌山に相談してください。スムーズに引っ越しを終えて、新居での新生活が明るく始まることを祈っております。

通常営業エリア【和歌山県全域】
和歌山市 海南市 紀の川市 かつらぎ町 橋本市 有田市 美浜町 日高町 由良町 御坊市
みなべ町 田辺市 新宮市 岩出市 紀美野町 九度山町 高野町 湯浅町 広川町 有田川町
印南町 日高川町 白浜町 上富田町 すさみ町 那智勝浦町 太地町 古座川町 北山村 串本町

出張対応エリア・大阪府、奈良県

便利屋和歌山は創業12年、従業員数20名、地域に根付いた会社です。引っ越し・不用品回収・ごみ処分・遺品整理、害虫・害獣駆除・草抜・剪定・家事代行まで幅広く行います。 お気軽にご相談ください。

遺品整理、ゴミ屋敷など一軒家まるごと片付け、不用品回収は便利屋和歌山

不用品回収のことなら

便利屋和歌山|本店  〒640-8404 和歌山市湊556番地
便利屋和歌山|西浜店 〒641-0036 和歌山市西浜921
お問合せ TEL 0120-644-442
  • Twitter Social Icon

©Copyright 便利屋和歌山 All Rights Reserved.