便利屋和歌山の空き家処分・空き家売却・空き家解体

【2022年版】
和歌山の空き家処分

空き家の価値が落ちる前に手放そう

空き家が増加・特定空き家で税金が5倍に・・・

1、広大な農地が住宅分譲地に変わる

2022年問題空き家はどうなる

空き家問題が深刻化する和歌山ですが、そこに大量の新しい住宅用地が加わるとどうなるでしょうか。

画像の通り、税制で優遇される代わりに30年間のうち運営をしなさいと国が定めた、生産緑地ですが、その大半の期限が2022年となり全国に約1万3,653ヘクタールの8割が売却可能となります。

和歌山の畑が住宅に
和歌山空き家

日本は新築信仰が強く、あまり中古物件市場はあまり活発ではありません。

しかし近年、長期ローンを組むより、中古の物件を買い、リフォームするのがブーム化してきています。また、コロナやウクライナの戦争によって物価が高騰し、材料が手に入りにくいことによって新築価格はかなり高くなっているので、中古住宅の需要が増えています。

つまり、空き家を処分するなら今がチャンスなのです。

空き家増加

生産緑地の所有者は高齢化は進み、田畑を継ぐ若者が少ない中で、畑を売ってマンションやアパート、住宅用地にするというのは自然な流れです。そのため住居供給が増え、空き家が増加します。

空き家の中身を丸ごと片付け、売却するにはどうすれば?

空き家処分の費用を抑える
3つのルール

1、5社一括見積もりや、業者を集めた仲介サイトを使用しない。

業者を紹介しているサイトの多くは、紹介料で売り上げを立てる会社です。成功報酬や紹介手数料が20%前後かかるので、直接業者に依頼するより割高になってしまいます。

2、不動産会社の紹介の業者で不用品を処分しない。

不動産会社の紹介する不用品業者は1と同じく、手数料、紹介料が見積に入っていることがほとんどです。他社で頼むか、相見積もりを取るようにすると10万単位で安くなることもあります。

3、不用品処分の期間は幅をもつ。

弊社でも同じですが、作業を暇な日に回せるので、鍵を預かって1か月以内に不用品をすべて処分して引き渡し、など条件を決めることで、料金を割り引ける場合がございます。

以上3つが空き家丸ごと処分で気を付けるポイントとなります。

参考にしていただけると幸いです。

便利屋和歌山では不動産の売却や解体工事もご相談いただけますので、お気軽にお電話ください。

便利屋和歌山の粗大ごみ回収、実家片付け、遺品整理、家具、ソファー、ベッド処分

​​粗大ごみ回収

食器棚、箪笥やソファーなど家具の引き取り、冷蔵庫や洗濯機などの家電回収、
倉庫や一軒家の未仕分けのゴミ処理、
あらゆる粗大ゴミの回収業務を行います。
和歌山で不用品を積み放題、軽トラパック

​​大人気のポッキリ価格!

軽トラパック

不用品を積み放題

現地調査を即日対応!

相談無料!まずはご連絡ください。

📞0120-644-442

便利屋和歌山は和歌山を中心に関西全域をカバーしています。
遠方でも安心してお電話ください。