遺品整理・生前整理・不用品回収、身の回りの処分は便利屋和歌山にお任せ下さい!

遺品整理

見積もり相談無料! 📞0120-644-442

​​便利屋和歌山は遺品整理士資格合格者が在籍しており、専門的なアドバイスが可能です。是非ご利用ください。

故人、ご遺族様のため真心を込めて行います。
遠方のご遺族の方も安心してお任せください。
ご要望を細かくお伝えくだれば対応いたします。
お墓管理、空き物件管理も行います。

お見積りからご契約までの流れについて

お問い合わせ

無料見積もり

ご契約

作業

作業完了の報告

ご連絡いただければ、遺品整理をご希望の現場の詳細な状況をお聞きします。こちらから必要な情報はお聞きしますのでご安心ください。

お急ぎの場合はその旨をお伝えくだされば対応いたします。

サービスの説明を頂き、見積額をご提示致します。

ご遺品のうち買取が可能なものは査定し、高値にて現金買取いたします。

作業予定日や搬出方法等細かな内容もご確認頂き、ご納得頂けましたらご契約下さい。他社より見積額が高い場合はお申し付け下さい。

作業当日も、作業員全員で打ち合わせを行い、作業の流れや、各ポジションをしっかり確認します。必ずご満足いただけるサービスをご提供できます。

全ての作業が完了しましたら、お客様に確認をしていただき、ご精算をお願いしております。遠方のお客様には、写真を使用しご報告を行います。

見積もり相談無料! 📞0120-644-442

遺品整理は心と体に負担がかかる作業です。

遺品整理は負担がかかる作業です。実家が遠い場合交通費時間膨大なものとなります。

両親が持っていたものを捨てるのも気が進まず、整理するたびに両親を思い出し辛い気持ちになる。

貴重品や書類もどこにあるかわからない。何から手をつけて良いかわからず時間が過ぎていく。

実際一軒家ほどの遺品でも1人で作業しては何ヶ月もかかってしまい、出てきた不用品や家具を処分するのも苦労します。

人によっては毎週末1時間かけて実家に帰り3年かけて全て自分で整理したという方もおられます。

そんな途方にくれる方が多い遺品整理ですが、現代ではそれらをすべてお任せできるのをご存知でしょうか。

 

便利屋和歌山では、遺品を整理し、故人の大切にしていたと思われる品を見極め、必要なものを探し出します。

そして、貴重品や財産になりうるものを保管重要書類も確認いたします。

貴金属や骨董品は故人の思い入れが強いものは決っして処分されることはないのでご安心ください。場合によれば買い取りも致します。

書類につきましても預金通帳や土地の権利書、保険証券や株券などそれらは「資産」であり、現金や貴金属とあわせてすみやかに確保しなければ、相続の手続きもできないため、慎重に作業を進めていきます。

ご本人では思い出のある家で仕分けをしていると物を捨てることが難しくなります。遺品整理では残すのかか捨てるかで迷うことが最も時間とエネルギーを消耗してしまいます。

当社では捨てるもの、残すもの、保留するものの3つの価値観で仕分けを進めていきます

また、便利屋和歌山に依頼するメリットとしては、故人が知られたくないであろう品が出てきた場合も速やかに処分することができます。

当社ではアダルト用品やDVD等は申告せず処分いたします。またパソコンなど個人情報のある品は完全粉砕し処分致しますので流用されることはありません。

その他細かい要望に柔軟に対応いたしますので、是非ご検討ください。
 

 

生前整理も行います。

遺品整理の内容を読まれた方であれば、いかに遺品整理が体力的、心理的、時間的、そして経済的に負担の多いものかわかって頂けたと思います。

なかなか必要に迫られないと動けないのが人間ですが、事前に行うことでその後の負担をかなり軽減することができます。

ご両親が生きている時点で生前整理の話を出すのは気がひけると思います。その場合、入院した時のためになんの保険に入っていて重要な書類は何処にあるかなどをノートに書いておいて欲しいとお願いしておきましょう。

また、年配になると使わないものが増えて、実家が倉庫のようになっている場合が多くあります。3年以上使用していない物はこまめに処分していくと荷物も片付き、最終的に費用も安くなります。

また、実家の家の処遇についても話し合う必要があります。

子供たちが全員地元を離れて生活基盤を築いている場合、その家は今後誰も住まない「空き家」になります。「空き家対策特別措置法」が施行され、空き家を置いておくと以前の何倍もの固定資産税を取られる可能性があります。

難しい問題ですが、事前に話し合うこと、意思表明することが最も大切となります。

便利屋和歌山は業務内容が広く、様々な問題解決に向け尽力致しますので、是非なんでもご相談ください。

見積もり相談無料!まずはご連絡ください。

📞0120-644-442

​対応エリア
和歌山県、大阪府、奈良県、京都府、兵庫県
【終活とは】和歌山で終活を考える


 『終活』という言葉をどこかで聞いたことはありますか?高齢化社会を進む中では耳にされたことがあると思われます。終活は死と向かい合い、最後まで自分らしい人生を送るための準備の事です。終活には様々な形があります。定年を迎えられた方や子育てを終えられた方であれば、これからの生活をどのように充実させていくかと考えるでしょう。まだ定年を迎えていなくても自分の老後のことを考えることや、自分ではなくご両親や義父母の事を考え、有意義に余裕をもった生活を送ってもらいと考える方もいらっしゃると思います。そのように考えられている方のために老後生活を充実化させるため必要なポイントを紹介しましょう。その前に終活を行わなかった場合、処理に困ったことをグラフとして記載させていただきます。このデータを見た上でこれからのお話をお読みください。
 
 

終活の目的は人生の最終調整です。年齢を重なれば、健康状態だけではなく「死」と向き会う機会が増えますが、終活を行うことで、自分の置かれている状況を客観的に把握することができます。例を挙げると「いままでの人生を振り変える」「残された家族のことを考える」「やり残したことや叶わなかった夢を書き出す」などを行うことで残りの余生でできることとできないことの選別ができ、整理することができます。つまり終活とは、若者が未来の人生の予想図を作るのとは違い、出来上がった人生という作品に少し手直しを加えることなのです。現実的な準備ができてこそ、残された家族への負担も軽減されます。

 終活で得られるメリットは主に3つあります。

 1つ目は、自分の意志が家族に伝わり、老後の生活が前向きになることです。ただし、突然死を前提とされる話をされると、健常な人や家族は戸惑い、驚かれると思います。伝えるときはまず「自身の健康状態から切り出す」ことが大切です。

 2つ目は残された老後を充実に過ごすことができます。死を人生のゴールとするなら、先行きが曖昧なゴールより、ある程度自身で把握されているほうが、残りの時間を有効に過ごせると思われます。

 3つ目は遺産相続のトラブルを回避できることです。金銭が関わる遺産相続では誰がどれくらい受け取るかを明確化しておかないと大きなトラブルに発展する恐れがあります。自分自身が生きており、自身の意思を表現できるうちに遺言書の作成や相続される相手との話し合いを進めておきましょう。

 では目的とメリットを知った上で終活に必要なポイントを説明していきましょう。終活は「終」終わるという字を使うものの、「死ぬ」のではなく「生きる」に焦点を当てることが大切です。そこでまずやるべきこととして『エンディングノート』を書きましょう。エンディングノートとはプロフィールや自分史、現在の健康状態、葬儀やお墓についての希望、その他気がかりな事を記載したノートです。

 遺言書とは違い、法的効果のないものの記載もできます。絶対に書かなくてはいけない項目があるわけではないため、自由に記載できるのが特徴です。ノートの中の実際に記載する情報量も人によって異なります。自由形式の履歴書をイメージするとわかりやすいかもしれません。目的としては、主に「自分の死後、家族にかかる負担を減らすこと」です。エンディングノートの便利な活用法として『プロフィール』や『葬儀に関係すること』などと項目を分けることで書く側も書きやすくなり、見る側も見やすくなります。続いてエンディングノートに記載すると良い項目の例を紹介していきましょう。

 本人情報として、名前、生年月日、血液型、住所、本籍などです。今の時代では住民票コードやマイナンバーなども良いです。自分史では、学歴、職歴、記念日、マイホームやマイカーの購入情報、馴染みの土地、職場での功績、幼少期からの印象に残る思い出、特技、趣味などです。人生において関係、交流していた人、家族、兄弟、同居していない家族、養子、家系図、友人、恩人、法的関係の相談者等です。名前と連絡先もかいていればより良いと思われます。

 次に財産についてです。預貯金、口座番号、公共料金などの自動引き落とし情報、クレジットカード、基礎年金番号、加入保険、株式、不動産、借入金やローン、貸金、有価証券や金融資産などです。これらはとても重要な情報になるため、記載することお勧めしますが、他人に知られていますと、悪用されかねない情報もありますので、記載した後のエンディングノートの保管には注意が必要になります。

 続いて、介護や医療に関する希望です。希望する介護施設や医療施設、費用、後継人(財産管理などを任せられる人)、延命治療の詳細、臓器提供、介護や医療の治療方針の決定者、医療カウンセラーなどです。これらは死後というより、高齢になり、疾病や認知症により自己にて判断できなくなった場合にかなり有効になります。続いて葬儀についてです。喪主に頼みたいこと、宗派や宗教、法名、葬儀者や会場、遺影写真、参列者リストなどです。お墓についてでは、埋葬方法、希望墓地、購入費用、墓地の使用権者、墓地の継承者、手入れ、お供え物等、葬儀やお墓に関しては死後、家族の負担軽減につながります。以上の内容を残された家族に公開することと意思を示すことで死後の家族への負担が大きく軽減されます。 次に終活として行うと良いことは『物の整理』です。上記に記載したグラフでも「身の回りの物の処分」「持ち物の処理」が上位になっています。もしもの時に、慌てずに済むように事前に自分で処分できるものは処分しておくことがお勧めです。しかし、具体的に「何をどうしたらよいのかわからない」という人も多いはずです。まず主な不用品についてですが『家具』『家電』『服』『食器』『本』などに分類できると思われます。家具や家電、服や食器などは今使っている分、なかなか処分できにくいとおもわれます。よって、まず初めに処分を始めるとすると『本』などの書籍から行うと良いと思われます。本の処分方法としては『ゴミ』『リサイクルショップに売る』『寄贈』などの手段があります。一番手っ取り早いのはゴミとして処分する方法ですが、まだまだ読める本を捨てるのはもったいないです。最近では寄付や寄贈にも事前に確認が必要ですし、近所だけで探すとなかなか寄贈先が見つからないのも現実です。

 3つの中ではリサイクルショップに買い取りを依頼するのがお勧めです。しかし、重たい何冊もある本をリサイクルショップに持っていくのはなかなか手間になります。そのような場合は『宅配買取』のサービスを活用すると良いでしょう。本以外においても生前整理を行う場合は一度に片付けようとするのではなく、毎日少しずつ片付けて処分するのがコツです。また家具や家電などゴミとしてはなかなか捨てづらいものや大きなものに関しても専門の業者がありますので連絡して相談するのも一つの手段です。

 『終活』において最も重要になるのが『遺言書』についてです。「死人に口なし」と言いますが、厳密に終活を行えばそのようなことはありません。終活でやるべきこととして『遺言書を書く』ことです。ここでは遺言書の種類や遺言書が無効になるケースについてまとめました。

 遺言書が法的効力を発揮するためには、法律で定められた範囲内で書かれている必要があります。正式な形式には『普通方式」と『特別方式』という2種類があります。一般的なケースでは普通方式を用います。普通方式では『自筆証書遺言」『公正証書遺言』『秘密証書遺言』の3種類に分かれます。まず『自筆証書遺言』では自分で遺言書を作成する方法です。これは手書きでなければならず、パソコンなどのデータでは無効になります。また遺言内容の理由や遺言書の作成日などの記載が必要になります。

 2つ目に『公正証書遺言』です。これは公正役場による公証人によって作成・発行・保管されるタイプの遺言書です。公証人は公の権力を根拠に証明や認識ができる法律の専門家であるため、遺言書の安全・確実・真正という点では3種類の中では最も優れています。しかし「作成期間が長い」「費用がかかる」などのデメリットがあります。

 3つ目に『秘密証書遺言』です。遺言書そのものは自分で作成し、公証役場に持ち込んで保管してもらう方法です。遺言の内容を自分以外の誰かに知られずに済むという特徴があります。ただ、公証役場は保管のみを行い内容の確認はしないため、遺言を開封した時点で記載に不備があった場合は無効になることもあります。自筆証書遺言と違って代筆やパソコンなどでの起債が認められるという特徴があります。他にも公証役場を経由するため本人の遺言書であるかどうかの信憑性も補償されます。続いて遺言書が無効になるケースについて説明します。上記でも記載したように自筆証書遺言は手書き以外認められず、秘密証書遺言では記載の不備で無効になるケースがあります。

 その他として「押印や日付の記載がない」「日時が特定できない」「署名がない」「本人以外の人が書いた(署名を含む)」「共同(2人以上)で書いた」「相続する財産内容が不明確である」「公証人が2人以上いない状態で書いた」「公証人に身振り手振りで伝えた(口頭で説明しない)」等に該当する場合は、遺言書として認められません。以上のことに注意してください。

 『終活』に必要な最後の項目として『お墓選び』です。

 死後も後悔しないため、お墓の種類と選び方のポイントをお伝えします。お墓の種類では4種類あります。まず『公営墓地』です。各都道府県や市町村が運営している墓地です。限定された募集期間での公募と抽選によって選ばれます。また墓石の大きさや公営墓地の所在地と同じ住所でなければいけないなどの制限があります。

 2つ目に『民営墓地』です。公益法人・宗教法人といった民間事業者が運営している墓地です。公営墓地に比べて購入する側に必要な条件や資格の制限が少ないことがメリットです。ただし、公営墓地に比べて少し購入費用が掛かるという傾向があります。

 3つ目に『寺院墓地』です。宗教法人が運営する寺院墓地では、寺院と「檀家」の関係を築く必要があります。檀家とは寺院にお布施と呼ばれる経済的支援をすることで、寺院が法要全般を引き受けるという、従来の日本に伝わる伝統的な制度です。4つ目に『永代供養墓地』です。主な運営者である寺院が永代にわたって個人のお墓の供養と管理を行ってくれます。永代供養は納骨の際に使用料を一括で払い、その後も費用は一切支払わないのが一般的です。最近は、家庭環境の変化や少子化などから公営墓地でも永代供養を求める人が増えています。またお墓を選ぶ時のチェックポイントをいつくか紹介します。まず『宗派』です。公営墓地や民営墓地は宗派の指定がないものの、宗教法人が主体の自院墓地では、宗派に制限があります。よって、寺院墓地を検討する場合は、寺院の宗派はもちろん、自分の宗派を確認する必要があります。また仏教は原則として寺院ですが、神道は神社、キリスト教は教会になりますので、管轄の違いにも注意してください。次は『立地と設備』です。場所によっては交通機関でのアクセスが困難であったり、墓地自体が山野に面していたりすることもあります。立地選びの際は、駐車場や永代供養の有無、バリアフリー構造の有無、交通面などを視野に入れて検討することが大切です。続いて『費用』についてです。お墓を購入する際にかかる費用は、主に『墓石代』『永代使用料』『年間管理費』の3種類に分けられます。墓石代は石の種類から施工費まであり、石の使用料によっても価格は変化します。永代使用料は、契約時に1回だけ納めるのが基本で、不動産の相場のように立地条件やアクセスなどでも価格が変化します。年間管理費は、公営墓地、民間墓地、寺院墓地の順に価格が高くなり、年に一度管理者に支払うシステムになっています。最後に『環境』です。安らかに眠れるように納得できる環境を選びたいところです。本人と関係ある土地や家族との思い出の場所など、立地条件と比較して適切な場所を検討しましょう。日当たりや雪、寒暖差といったシーズンごとの特徴、地盤や水はけなどの地形の特徴が選ぶカギとなります。

 終活は、自分の人生を全うし、残される家族のために行う大切なものです。自分の老後について考えたいという方は、思い立った日から始めると良いでしょう。また、現在両親や義両親を介護中の方は、彼らの残りの時間を充実化させるためにも、終活を進めてみてはどうですか?最後まで自分らしく生きるためには、死という現実から目を背けず、限りあう時間の上手な使い方を考えることが重要です。 最後になりますが、上記に記載させていただいた情報は公的機関の提出物ではありません。記事掲載時の情報に基づき作成していますが、最新の情報を保証する物ではありません。ご理解ください。

便利屋和歌山で終活相談受け付け中!実家が和歌山で遠方にお住まいでも安心!

行政手続き、遺品整理、荷物の運搬、配送まですべてお任せ下さい。

特殊清掃と遺品整理について

 新元号の令和となりましたが、現在の日本が高齢化社会である事には変わりはありません。家族構成も核家族が主流となり、今でも独居の高齢者が増加しているのが現状です。そのような日本の一つの社会問題として『孤独死』があります。誰にも発見されず、1人で旅立たれる高齢者が多い様です。今回は日本の社会問題『孤独死』に関係する事から関連させて『特殊清掃』と『遺品整理』という2つの特殊な清掃についてその難しさや重要さについてお伝えしていこうと思います。
まず『特殊清掃』という清掃の形態やその専門業者がある事を存知ない方も多い様に思われます。例えば大きな話になりますが、事故や自殺などが原因でその遺体から散乱した血痕や、体液、異臭、ダメージを受けた室内などは誰が片付けるのでしょうか?血液や汚物となると遺族では限界があります。そのような場合に清掃や異臭の除去、ハエやウジ等の不衛生害虫の駆除、室内の現状復旧を専門に清掃を行うのが『特殊清掃業』となります。近年では下記に説明する予定の『遺品整理』と同様の仕事とお考えの方もいる様ですが、全く異なるサービスや専門性、知識、スキルを要します。そのことから異質の仕事と言われています。特殊清掃のサービスを提供する会社や事業所には、その専門性から高度な知識と技術を要するため、様々な資格者やそれと同等の知識やスキルが求められています。資格としては『臭気判定士』『医療環境管理士』『防除作業監督者』『一級葬祭ディレクター』などがあります。緊急を要する場合が多い為、殆どの業者が24時間365日体制で行っています。
続いて『遺品整理』についてです。『遺品整理』とは亡くなられた方の持ち物だった、様々な品物を整理し片付け、物によっては処分やリサイクルする事です。持ち物といっても財産より、主に家具、家電、衣服、食器等の『生活用品』やアルバム、日記、書籍、書類などの思い出や記録、仕事関係の用品にあたる、または腕時計や宝石、アクセサリー類などの身に着けるものや高価な物等の身の周りの物を指します。一軒家ならそこまで急ぐこともない場合が多いですが、借家や賃貸では住宅を明け渡す必要がある場合は、早急に片づけを行わなければいけないことがほとんどになります。葬儀等の法事が終わってからすぐに作業にかかる事も多いです。また上記の前書きでも少しお話していますが高齢化社会に伴い少子化や核家族化が多くなりつつある背景で、独居の高齢者が孤独死を迎えることが増えつつある世の中です。そのことから『遺品整理』という作業の注目度や必要性が高くなり、言葉自体も社会的に認知され始めています。
一般的に『遺品整理』はいつまでにしなくてはならないという決まりがあるわけではなく、残されたご遺族の気持ちの整理がつくことが大切と言われています。『遺品整理』で困難な点としては物の多さです。いざ整理を始めても「どこから手をつけていいのか分からない」と頭を抱える人が多いです。家の押入れや戸棚、納戸、物置など、あらゆる収納スペースに物が詰め込まれているからです。それを家族、親族だけで整理しようとすると数か月かかるケースがあります。また整理や処分の物を分けていると大量の廃棄物が出てきます。殆どの場合、小型のトラック数台に匹敵する分量に至ります。一般的なゴミ収集に出せば、費用はゴミ袋代のみで済みますが、そのためには地域で決まっている分別をしてから、決められた日にゴミを出す必要があります。ゴミ収集の日まで大量のゴミを保管しておくのは一苦労です。異臭や不衛生な害虫の発生は逃れられません。また、粗大ごみの場合は有料というケースがありますので、前もって市町村に日時と料金を確認しなければなりません。
『遺品整理』の場所が家の近くにあれば良いのですが、遠距離の場合は移動時間も考えて作業のスケジュールを組む必要があります。都会で仕事をしている人が田舎にある実家で遺品整理をするとなれば、スケジュールを調整して仕事を休み、それを数回繰り返す必要がります。
次に自分自身で遺品整理を行う場合の効率の良い手順と方法についてお話ししていきます。最初に用意する物は、段ボール箱、ガムテープ、マジック、メモ用紙、カッター、軍手、マスク、長靴を準備します。次に衣服・家電・食器類・家具などの家財用品を①『貴重品』②『リサイクル買い取り』③『寄付』④『確認』⑤『処分』等の張り紙などの印をつけて仕分けていきます。預金通帳や印鑑、現金、貴金属、書類等、他にも重要と思われる物はすべて『貴重品』の張り紙のついた段ボール箱や衣装ケース等に収納していきます。番号の順番に仕分けていくのですが、⑤『処分』の中で処分にために代金が必要になる物(家具、家電)をなるべく②『リサイクル買い取り』③『寄付』に移し、ネットオークションを活用することや、親族や近隣の方に形見分けとして提供すると良いです。
遺品整理を行う時の注意点としましては、賃貸物件等の退去に伴う遺品整理の場合、ただ単に家の中の物を不要な物として処分してしまっては、トラブルになってしまいます。もともと設備として設置されている照明器具やエアコンなどと、故人が契約されているインターネットなどの通信設備、エアコン撤去工事やライフラインの手続きなどは、事前に管理会社に確認が必要です。また、遺品とは亡くなられた方が所有していた動産物全般を指します。自動車やバイク、自転車などを所有していた場合は、ディーラーへ下取り(買取)、また価値がない物は廃車の手続きをしなければいけません。さらに、最近ではデジタル機器内(パソコンやスマートフォンなど)の中にも遺品が残っています。写真や動画などです。処分の苗に専門の会社に依頼し、データの確認を行うようにしてください。
そのような作業を行うのに最適と思われる次時期ですが、一般的には、四十九日法要を終えてからと言われていますが、実は遺品整理に決まった時期はありません。ご遺族の方の気持ちの整理をつけると決心された時にされるのが良いでしょう。ただし、上記でも説明していますが、賃貸物件の場合は、家賃を払わなくてはいけませんし、公共住宅の場合は亡くなってから49日後までに部屋を明け渡す契約になっており、できるだけ早い時期に遺品整理をする必要があります。では持ち家(自己所有物件)で時間に余裕があり、個人で遺品整理する場合、最適な時期とはいつなのか?お勧めする「時期」は一般の方が断捨離や大掃除をする年末年始の期間や、引っ越しシーズン(3~4月頃)は、ゴミ収集の予約が取り難いので避けた方が良いでしょう。また、土曜、日曜、祝日も公共のゴミステーションがお休みですので、注意しましょう。
 大まかな作業や細かい作業が入り乱れる『遺品整理』ですが、それを専門にしている業者がいます。遺品整理業者です。遺品整理業者に依頼する一番のメリットは何といっても「時期」と「体力」です。一般の方が遺品を片付けるのは、本当に大変な作業です。ましてや女性や高齢者の方では、重い荷物を運ぶことは難しいでしょう。プロの遺品整理業者であれば、大きな家具や不要品の処分はもちろん、煩わしいリサイクル分別や換金作業などをすべて任せることができます。数時間で整理されますので時間を節約でき、体力を使うこともありません。労力や時間の都合がつかないという方は、遺品整理業者に依頼することも考えてみるのも良いでしょう。デメリットはもちろん「費用」です。
遺品整理の原則は「部屋を原状復帰される」ことです。亡くなられた方や亡くなられた場所、経過時間などによっては体液や血液、害虫、汚物、異臭などの処置をする必要があります。このような場合は特殊清掃(上記参照)を用いて、原状復帰させる必要がありますので、一般の方は難しいでしょう。そこで、遺品整理作業をご自身で行い、特殊清掃だけを専門業者に依頼することで費用を抑えることができます。また同様に運び出しが大変な大型の家財道具などの処分だけを依頼するのも、費用を抑える方法の一つです。部分撤去や残置物の処分、仏壇仏具の処分、遺品の合同供養、特殊清掃などだけを依頼しても、まともな業者であれば引き受けていただけるので遺品整理業者を上手に使いましょう。

遺品整理についてのポイント

 平成が終わり5月から令和の時代が始まりました。皆様の周りでも多くの変化があったと思います。しかし、時代が変わろうと変わらないこともあります。現在日本は『高齢社会』という問題に直面しています。その中でも多くの人が避けては通れないことの一つが『遺品整理』です。今回は遺品整理という難しい作業についてお伝えしていこうと思います。まず遺品整理とは家族様または親族様が亡くなられた後、その人の所有物を整理または処分し、お部屋の清掃や修復を行い原状復帰することの一連の流れのことを指します。この砂上を請け負ってくれる業者やサービスも多く存在しています。和歌山県で例えると『便利屋和歌山』がそのようなサービスなどを請け負っています。しかし、何らかの事情で業者に依頼できない方もいらっしゃると思います。そのため、家族様または身内の方だけで行うしかないという方にオススメです。わかりやすく簡潔にお伝えしていきます。

 まず初めに本格的な作業に入る前に作業に必要な準備物です。軍手、汚れても良い服、上履き、厚い靴下、メモセット、カメラ、自治体に指定されたゴミ袋、ダンボール、油性マジックです。軍手、服、上履き、靴下は汚れや思わぬケガの予防にもなります。メモやカメラは処分した物、または処分するか残しておくかの決断がつけられない物を記録するために必要になります。ゴミ袋は処分する物、ダンボールと油性マジックは保管しておく物を運ぶために使用します。ゴミ袋とダンボールは大きい物を多めに準備することをオススメします。

 次に作業期間を決めます。一般的には遺品整理の期間として四十九日法要を終えてからと言われていますが、実は遺品整理に決まった時期はありません。ご遺族の方が気持ちの整理をつけると決心された時に行うのが良いでしょう。その亡くなられた方の遺品の量と作業が必要な部屋の数等を推測し、作業人数から作業する期間や段取りを決めておきます。作業前に具体的なスケジュールを決めることにより効率が良くなり作業の分担もすることができます。この時点でよくある問題ですが作業に必要な人数が足りていない、多忙で作業日数が確保できない。などの問題です。そのような場合は人数が足りない分の人員を業者や便利屋から派遣してもらうなどの依頼を行うことをオススメします。

 続いて本格的な作業に入ります。まず遺品の分別を行う段階があります。第一段階では『必要な物』『処分する物』に大きく分けます。どちらかわからない物またはその場では決められない物については現時点では『必要な物』に入れてください。次に第二段階ですが先ほど分けた『必要な物』を『貴重品』と『思い出の物』に分別してください。『処分する物』ですがまず自治体によって指定された分類に分かれて処分してください。『リユースできる物』『リサイクルできる物』『燃えるゴミ』『燃えないゴミ』などになると思われます。処分の仕方がわからない場合は必ず自治体に確認するようにしてください。『燃えるゴミ』『燃えないゴミ』は指定された集積所へ持っていくと良いです。必ずゴミの収集日を確認して持ち込むようにしてください。『リユースできる物』『リサイクルできる物』についてはリサイクルショップを活用することによって買い取って頂ける物もあるかもしれません。リサイクルショップによっては自宅まで出張買い取りをされている店舗もあります。一度店舗を調べて見ると良いと思います。また新品に近い物や電化製品であればインターネットを活用しネットオークションやフリマアプリなどを使用し買い取って頂くことも可能です。ちなみに和歌山県にある便利屋和歌山では出張買い取りなどの業務も行っていますので遺品整理と同時に依頼するのも良いと思われます。『売れる物がない』『ゴミばかりで処分が困難』『ゴミの回収日まで日が長い』など問題があります。その場合長期間ゴミを保管していると悪臭や害虫などが発生しやすくなり不衛生になりますので、そのような場合では不用品回収業者に依頼するのも一つの手段にあります。不用品回収や処分も和歌山県では便利屋和歌山で請け負っておりますので安心してください。

 続いて『思い出の品』『価値のある貴重品』についてです。思い出のある品についてはアルバムの写真や動画などのデータで残せる物はパソコンに保存するのが良いでしょう。複製できて置き場所を余計に取らないので便利だと思います。また価値のある貴重品については宝石類やアクセサリーや着物など高価な物は買い取りや形見分けを行うと良いと思われます。思い出のある品で亡くなられた方の趣味や身に付けられていたものであれば親族様に配ることが一般的となっています。

 続いて『遺品』といっても物だけではない場合もあります。『高齢社会』の中で一つの問題となっているのが一人暮らしの高齢者、つまり『独居』というパターンです。その場合はその人が暮らしていた『家』『土地』なども対象となっております。また、その家がアパートやマンションなどの賃貸である場合は不動産会社への連絡が必要となります。さらに『電気』『水道』『ガス』などの契約解除も必要となります。賃貸での注意点としましてはもともと設備として設置されている照明器具やエアコンなどと、故人が契約されているインターネットなどの通信設備、エアコン撤去工事やライフラインの手続きなどは、事前に管理会社に確認が必要です。また自動車やバイク、自転車等を所有していた場合は、ディーラーへ下取り(買い取り)または価値がない物は廃車の手続きをしなければいけません。さらに最近ではデジタル機器内(パソコンやスマートフォンなど)の中にも遺品が残っています。写真や動画などです。処分の前に専門の会社に依頼し、データの確認を行うようにしてください。

 最後になりましたが、いつかは自分自身または家族様が亡くなる時が来ます。そのため遺品は必ず発生します。いつかは誰かの遺品と向き合わなければいけない日が来るのです。その日のためにちょっとばかりタメになる知識と手段についてお伝えしてきました。少しでも大切さや重要さに気づいて頂ければ幸いです。また「遺品を少なくする」「残された家族様に迷惑をかけたくない」という方もいらっしゃると思います。そのような人には今世間で話題に上がることも多い『終活』という亡くなる前にする取り組みもあります。『遺品整理』や『終活』のサポートや全面協力は便利屋和歌山が専門としている業務の一つですので気軽に相談や依頼をすると良いと思われます。確かにプライバシーや資金の問題もあると思いますが一度相談だけでも相談してみてはいかがでしょうか?

便利屋和歌山は創業12年、従業員数20名、地域に根付いた会社です。引っ越し・不用品回収・ごみ処分・遺品整理、害虫・害獣駆除・草抜・剪定・家事代行まで幅広く行います。 お気軽にご相談ください。

便利屋和歌山

不用品回収のことなら

便利屋和歌山|本店  〒640-8404 和歌山市湊556番地
便利屋和歌山|西浜店 〒641-0036 和歌山市西浜921
お問合せ TEL 0120-644-442
  • Twitter Social Icon

©Copyright 便利屋和歌山 All Rights Reserved.