伐採後の切り株処理

伐採後の切り株を放置している方は多いのではないでしょうか?

木の種類にもよりますが、枯れるのに時間がかかり、再生してしまうこともあります。

また白アリを寄せ付けてしまうので早く処理することが大切です。

今回は和歌山市紀三井寺周辺にて、直径20cm~60cmほどの切り株を7本処理しました。

切り株をさらに地面ギリギリまで伐採し、ドリルで穴をあけ、薬品を散布後、シートで3重に保護し、光合成をふさぎます。

木が枯れてスカスカになれば、掘り起こし、撤去が行いやすくなります。

また、お金をかけず自分でお手軽に行いたい方は、ドリルで穴をあけ、灯油を注入し蓋をすると枯れる速度を速めることができます。

切り株の処理を行う際は是非、ご相談ください。



閲覧数:332回0件のコメント

最新記事

すべて表示