【白蟻予防にも】ウッドデッキ、野外のDIY製品、小屋など解体処分します。


先日、大阪府にてシロアリ駆除を行った際、シロアリに食べられたウッドデッキを解体処分しました。シロアリがついた木材製品を家の近くに置いておくのは大変危険です。実際そのお宅ではウッドデッキから床下へシロアリの蟻道が複数発見されました。この場合はウッドデッキから家の床下にすでに侵入されています。

そこのお客様はシロアリのついたウッドデッキは気持ち悪いのですぐに解体処分を希望され、即日解体作業を行いました。また、シロアリ被害は見られないものの、近くにあった木製の倉庫も一緒に処分されました。処分金額は合計25,000円でした。

シロアリ被害に遭ったものでなくとも、自作の木製製品、ウッドデッキ、倉庫など、解体処分は可能ですので、お困りの方はお気軽にご相談ください。



40回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

便利屋和歌山は創業14年、従業員数20名、地域に根付いた会社です。引っ越し・不用品回収・ごみ処分・遺品整理、害虫・害獣駆除・草抜・剪定・家事代行まで幅広く行います。 お気軽にご相談ください。