top of page

【意外!?】ごみ屋敷が全国9番目に少ない和歌山県



ごみ屋敷が和歌山県は全国で9番目に少ない。と聞いて皆様はどう感じるでしょうか?

不用品の整理やごみ屋敷お片付け、遺品整理などをさせて頂く身としては、そんなに少ない方だったの!?と驚くデータとなりました。

認知状況で把握されているだけで、実際には未認知のゴミ屋敷があることも考えられますが、 和歌山県でも、ごみ屋敷の増加が社会問題となっています。和歌山県内においては、高齢化や孤独死、離婚、遺産相続問題などが原因となり、多くの人がゴミ屋敷に陥ってしまっています。

また、和歌山県内には、過疎化が進む地域もあり、産業の縮小による雇用問題も顕著です。そのため、社会的弱者層が増え、その中には心身ともに健康を害してゴミ屋敷になってしまう人もいるとされています。

このような問題を解決するためには、まず、周知徹底が必要です。ごみ屋敷が生じる原因や、そのリスクやデメリットなどを理解してもらうことで、予防や早期対応が可能になります。



ごみ屋敷のリスクとデメリット

まず、健康リスクがあります。ゴミや不用品が溜まっていると、害虫や害獣の発生や、カビや菌などの繁殖が起こり、健康に悪影響を及ぼすことがあります。また、ゴミ屋敷の状態が長期間続くと、不衛生な環境による悪臭や有害物質の発生が生じ、住宅や周囲の環境にも悪影響を及ぼす可能性があります。 また、社会的なデメリットもあります。例えば、ごみ屋敷は近隣住民からの苦情が出ることがあり、そのために関係が悪化する可能性があります。また、ゴミ屋敷の状態が酷い場合には、立ち退きや立ち退き費用の請求、過料や罰金の支払いを求められることがあります。 改善するためには、不用品回収業者を利用することがオススメです。不用品回収業者に依頼することで、専門的な技術と設備を用いて、適切にごみや不用品を処分することができます。また、回収した不用品は適切にリサイクルされ、環境に配慮した処分ができます。そのため、環境にも優しく、ゴミ屋敷の問題を解消することができます。

和歌山県としても、ごみ屋敷対策に力を入れており、不用品回収業者の登録制度やゴミ屋敷等問題物件の届出制度などを導入しています。また、適切な処分のための啓発活動や支援事業なども行っています。これらの取り組みによって、和歌山県内におけるごみ屋敷問題の解決に向けた取り組みが進んでいます。

便利屋和歌山は、和歌山県内で15年近く不用品回収業務を行っている信頼性の高い業者です。お客様のニーズに合わせた丁寧な対応と、迅速な作業が特徴で、ごみ屋敷や汚部屋の処分にも対応しています。また、価格も適正であり、不用品回収だけでなく、家具や家電製品の移動や組み立て・解体作業も承っています。便利屋和歌山を利用することで、ごみ屋敷の問題をスムーズに解決することができます。



ごみ屋敷清掃図




閲覧数:39回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page