家具の処分方法と秋の衣替えについて



 和歌山県でも残暑が始まり、秋が始まろうとしています。そのような季節の変化に合わせて皆様のご家庭内でも夏物から秋物、冬物に模様替えや衣服の衣替えを行う予定があると思われます。例えば、夏用のカーペットから冬用のカーペットへ交換、またはテーブルをこたつ机に交換するようなことです。その機会にその他の家具などを交換し、一式模様替えする人も多き野ではないでしょうか?しかし、そうなると古くなった家具をどのように処分すれば良いのか悩まれる方も多いはずです。今の時代では家具の処分についても様々なサービスがあり、選択肢が多く渋滞しています。今回はこれから家具の模様替えを始めようとされている方、または既に模様替えをされて家具の処分に悩まれている方、必見の家具の余分についてと、ほとんどの方が夏物から冬物への衣替えは行われると思われます。その際の衣替えに関する注意点についてお伝えしていこうと思います。


 まず一般家庭の家具といえばテーブルや椅子、ベッド、ソファー、タンス、食器棚などがすぐに思い浮かぶと思います。そのような家具は皆さまが快適に生活するために一通り必要となり必需品です。それぞれがそれほど安い値段でもないこととそれぞれ場所を取るため、よく吟味して買う方が多いでしょう。また吟味して買った家具や長く使った家具ほど愛着が湧いてくるものです。しかし、そのような家具も、引っ越しで部屋の大きさが変わってしまうことや結婚や離婚、出産などで家族の人数が増減したりすると家具の処分や買い替えが自然と必要なってきます。特に大きな家具は他のゴミとは異なり処分が大変です。


 皆さまが家具の処分と聞いて初めに思いつくのは粗大ゴミとしての処分でしょう。家具を処分する最も一般的な方法は、粗大ゴミとして自治体に回収してもらうことです。和歌山県でもそうであるように料金は各自治体によって異なりますので、お住いにある自治体のウェブサイトから料金を確認してみてください。一般的な粗大ゴミの出し方としては、自治体が指定するいくつかの場所で粗大ゴミ料金シールを購入し、ウェブサイトから粗大ゴミの回収を申し込みます。収集日にシールを貼った粗大ゴミを出しておくと自治体が回収してくれます。また多くの場合は自分で指定された収集所へ粗大ゴミを持ち込むと、回収を頼むよりも安くなります。ワゴン車やトラックの手配ができるようであれば、自分で持ち込むとさらに安くなり節約になります。ちなみに和歌山県では軽トラックやトラックをレンタルできる便利屋さんもあるそうです。また便利屋和歌山さんでは入らなくなった家具の処分も専門の業務として行っているそうです。一度相談してみると良いと思われます。


 ひと昔前では家具を処分するためにはお金を支払って処分して頂くというケースが一般的でしたが、最近では不要になった家具がまだ使える状態、キレイな状態であればリサイクルショップに買い取って頂くという方法があります。粗大ゴミとして捨てるより、いくらかの収入になる可能性があり、新しく購入する家具の資金にもなります。古くなったとはいえ、まだ使える状態の家具を捨てるのはもったいないと感じる方も多いでしょう。リサイクルショップに買い取ってもらえば、次にほしい人が購入し、家具自体もまだまだ役に立てることができます。家具に愛着のある方もオススメです。ただし、古い家具や目立つ傷がついている家具、リサイクルショップに在庫がたくさんある家具だと、買い取りの対象にならないことがあります。近所のリサイクルショップに電話をして、買い取ってもらえるかどうかの見積もりを頼んでもいいかもしれません。買い取りの査定にできれば少しでも高い値段を付けてもらいたいですよね。売りに出す家具をできるだけキレイな状態にしておきましょう。汚れが付いていれば洗剤などを使って落としましょう。また買い取りに来ていただくのでなく、自分でリサイクルショップに持ち込むと、買い取り額が高くなる場合があります。自分で持ち込むことで、ショップスタッフの手間を減らし、その分買い取り金額に反映されることがあるそうです。ちなみに和歌山県ではワゴン車やトラックなど大きな荷物を運ぶための車をレンタルすることができる便利屋さんもあるそうです。さらに便利屋和歌山では家具や家電の買い取りサービスも実施しているそうです。新しくまだ使えそうな家具がありましたら一報を入れてみるのもよいかもしれません。


 さらに今の時代といえば『インターネット』という環境があります。ブランド家具や状態の良い家具であれば、リサイクルショップに勝手もらうよりも、ネットオークションやフリマアプリに出品して売って処分した方が高い値段で売れる可能性があります。価格の相場は主要なオークションサイトやフリマアプリで似たような商品がいくらで取引されているかを見てみると良いでしょう。ただし、ネットオークションやフリマアプリはうまくいくとそれなりの金額を手に入れられますが、落札者との取引や発想の手配など、事務的な作業が必要になります。くれぐれも出品した後、買い手がついたのに対応を後回しにして放置することがないように、連絡や各種手続きは迅速に行いましょう。ちなみに和歌山県では事務的な手続きが苦手や面倒な方にはそのような事務的な作業を代行してくれる便利屋さんもあるそうです。


 リサイクルショップやネットオークション、フリマアプリなどは基本的にキレイな状態の家具、まだ使える家具が対象となります。では始めに説明した粗大ゴミと同様に処分したい家具が壊れている、古い、傷が付いているなどでリサイクル、リユースに回しにくい場合は、不用品回収業者(便利屋)に引き取って頂く方法があります。粗大ゴミとして出す場合は比較的に安い料金で自治体に回収してもらえますが、申し込みから実際の回収日まで日数が開いてしまうことがあり、回収の日程を調整しにくいというデメリットがあります。一方で不用品回収業者(便利屋)であれば、早ければその日のうちに回収に来て引き取って頂くことが可能です。ただし注意したいのは、不用品回収業者に依頼すると、引き取り料金が発生する場合があることです。『高価買い取り』をうたっている業者でも、買い取りできる品物には条件があり、条件に合わない場合は引き取り料金を支払って持っていかなければならないことです。場合によっては高額になることもありますので、事前に見積もりを取ってから買い取りを検討しましょう。また和歌山県にある便利屋和歌山であれば、不用品の家具で簡単に運び出せない場合でも、その場で解体してバラバラにした状態で回収と処分してくれます。


 インターネットで検索すると、たくさんの不用品回収業者が出てきます。またポストにチラシを投函している業者や、トラックでアナウンスをしながら街を巡回している業者など、さまざまな方法で営業を行っている業者があります。不用品回収をするのは、一般廃棄物収集運搬業許可を受けていなければなりませんが、実際にはすべての業者が一般廃棄物収集運搬業許可を受けているわけではなく、中には許可を受けていない業者も存在します。こうした業者に依頼してしまうと、引き取ってもらった後の家具が不法投棄されていたり、個人情報が流失したりするなど、トラブルの原因になるリスクがあるので注意が必要です。業者を選ぶ際は、一般廃棄物収集運搬業許可の許可番号がネットサイトに明記されているかどうかを注意して見ることが重要となります。また料金が分かりやすく表記されていること、他社と比較して安すぎる値段を提示していないかなども考慮すると良いでしょう。

また引っ越しで出た不要な家具であれば、引っ越し業者が引き取ってくれます。メリットは引っ越しの当日まで転居前の家で使うことができ、引っ越しに合わせて引き取ってもらえる点です。また、粗大ゴミで出す場合のように、家の外に自分で持ち運ぶ手間も不要です。ちなみに和歌山県にある便利屋和歌山では不用品処分のほかにも引っ越し業務も行っております。


 家具の処分方法を押さえたなら、不要な家具を処分しましょう。不要な家具を処分しましょう。家具を処分する方法は粗大ゴミとしてバス方法のほか、リサイクルショップやネットオークションでの引き取り、不用品回収、そして便利屋まで様々です。それぞれのメリットがありますので、不要な家具をどのタイミングで処分すればよいのか?その家具はまだ使えるものか?誰かが「欲しい」と思うような家具なのかを考慮した上で、どのような方法をとるのかを選びましょう。不要なものが家にあると、部屋が狭くなったり散らかって見えたりしています。思い切って手放し、部屋を広く使うと気分も一新できることでしょう。

 続いて衣替えです。夏から秋、冬になってゆき、季節の変わり目といえば毎年恒例になっていると思われます。そもそも衣替えとは四季がある日本では欠かせない文化です。古くからその季節に合わせて衣服を選ぶ習慣があります。これを衣替えと呼びます。ちなみに学生時代では制服の衣替えがあったと思いますが、ほとんどの学校の衣替えは6月1日と10月1日になっています。季節の変わり目で服の手入れをして種類や数にあった方法で最適な収納を行うことを現代では差します。今回は毎年ある衣替えの負担を少しでも減らせるように様々なポイントをお話ししていこうと思います。


まず春と秋に行う衣替えですが、今回は秋をベースにお伝えしてきます。私自身もそうで須賀、衣替えをいつすればよいのか毎年のように悩んでいます。それは皆さまも同じではないでしょうか?毎年の気温の変化によると思いますが日中の『最高気温』が目安になると思います。天気予報やニュースで20℃以下の日が続くようであればそれは衣替えの合図です。ただし、体感気温というものは人によって違い、個人差がありますので、調節しやすいアイテムを上手にコーディネートに取り入れてコントロールする様にしましょう。また衣替えは「めんどくさい」「大変」などと思われている方も多いと思いますが、1日で終わらせようとするのではなく、週末や連休を利用して少しずつ進めていくのがオススメです。秋でいうと10月の3連休などがベストのタイミングであると思われます。しかし皆様にそれぞれ予定があると思います。そのようなときは和歌山県でしたら便利屋和歌山のような専門の業者に依頼するのも一つの手段です。


衣替えは手持ちの衣服を種類、数、状態を確認できる何よりのチャンスです。「去年は流行ったけど、今年はどうだろう?」「去年は数回しか着なかった」などと思い返す人もいるかもしれません。私自身がそうですので共感していただければ嬉しいです。だからこそ自分の手で触れ、目で見て確認するのが大切なのです。確認するポイントとしては4つあります。「サイズ」「色褪せ、シミ」「毛玉、型崩れ」「今年も着たいと思うか」これらの一つでも該当する項目があれば、手放すことを考えるサインと思って下さい。迷ったら一度来てみて鏡の前に立つことをオススメします。服の見直しをすることで買い替える服・買い足す服の事が分かり、次の買い物の助けになります。


衣替えは収納スペースの環境を整えるのに良い機会です。なんせ半年に一回しか触らない空間ですのでカビにとっては絶好の発生場所なのです。そのカビは衣服にも危害を加えることもあります。収納場の扉を開けて自然換気をし、除湿器やエアコンを稼働させて余分な湿気やこもりがちの臭気を飛ばし、他の室内と同様の快適な環境にしましょう。ホコリや繊維くずはすぐに溜まりますので必ず掃除も忘れずに行って下さい。これらによってカビの発生を予防することになります。

衣替えにて衣服をキレイに収納できたとしても、衣服が無視に食われてしまっては意味がないですよね。だからこそ、防虫グッズをそろえるのは大切です。防虫剤は香が違うのも同士を併用すると衣服に臭いが付き気になる場合もあります。併用は避け、無臭タイプや香りの優しいハーブやアロマタイプの防虫剤を使ってみると良いと思われます。そして、衣服に付く虫は湿気を好む種類が多いため、収納場所の湿度が気になるようであれば、床置きタイプの除湿剤や防湿剤を置いて、適度に換気するようにしましょう。少なすぎると十分な効果が発揮されませんし、多すぎると逆に衣服にシミを付けたりする場合もあります。(商品によります)衣替え時には防虫剤に記載されている説明をよく読み、使用する個数と使い方、そして使用期限を確認してから使用するようにしてください。ウォークインクローゼットをお使いの場合もそれ専用の防虫剤も市販品であります。ちなみにご家庭の防虫剤はどこに置いていますか?正解は収納した衣服の『一番上』です。防虫剤の成分は上から下へ降りていくので一番上が最も効果的です。


衣替え時に衣装ケースにしまう、衣服を改めて洗濯するか迷うことってありますよね。ケースからだした衣服も一度洗濯するか悩むこともありませんか?衣替え前後の選択のポイント、黄ばみや臭いを防ぐアイデア、クリーニング後のケアについてです。黄ばみは夏物を収納する前には『汗ジミ』をしっかりとることが肝心です。夏物の衣服は冬物と比べて汗や皮脂の汚れが残っていることが多く、そのまま収納してしまうと黄ばみが出てしまうことがあります。この黄ばみは汗が酸化したことで発生したものであるため。夏物を収納する場合は、冬物以上にしっかり新手から収納する様にしましょう。家族分の衣替えを行う場合や衣装持ちで数が多い場合は「これは洗濯したかな?」と悩むことがあるかもしれません。それが心配な方はハンガーにリボンやマスキングテープを付けて目印にするようにしましょう。簡単ですし、すぐに取り外せるのでオススメです。また、クローゼットにしまう前にクリーニングへ出す衣服も多いと思います。クリーニングから帰ってきた衣服はビニールカバーを外し、一度風を通してから収納するようにしましょう。ビニールを付けたまま収納してしまうと静電気によってホコリや汚れが付きやすくなりますので、付けるなら市販の『不繊維のカバー』を使用するのがオススメです。クローゼットから出した衣服にシワが付いている場合がありませんか?オフシーズンで長い間仕舞っていた衣服はシワが型になりなかなか取れないものです。そのような場合はシワを取りたい時はアイロンをかけてください。その際は洗濯表示を見てアイロンを当ててよいか必ず確認するようにしてください。


春秋問わず、衣替えで必要になるのは『服を畳む』ことです。その場でできるシワを防ぐ畳み方紹介します。シワが気になる衣服は畳むときの折り目を少なくしましょう。そして、仕舞う際には平らに優しく積み重ねることが大切です。重ねる枚数は3枚から5枚程度に抑え、お店の棚に並べられている衣服をイメージしてください。またシワが付きにくい素材であれば筒状に巻くことや内側に巻いたタオルを挟むとシワが付きにくくなるそうです。衣替えで衣服を収納する際はチームごとに分けておくと、仕舞いやすく、次の衣替えでも見つけやすくなります。例えば、部屋着、仕事着、コットン、ウール、海水浴チーム(水着、バスタオル)羽織物チーム(カーディガン、ストール)という感じです。また例で挙げた羽織物チームでいうと体温調節アイテムは季節の変わり目には出番が多いのでクローゼットの奥の方に仕舞わず、手が届きやすい場所に一時的に保管する様にすると急な寒さにも対応しやすくなります。


衣替えではベストなタイミング、防虫剤、収納グッズの選び方、洗濯のコツ、様々なポイントがあることを理解していただけたかと思います。次のシーズンが来るまで大事な衣服を良い状態で保ち、今の季節の服を心地良く着る。この簡単そうで難しい衣替えの基本を知ることで皆さまも乗り切っていきましょう。しかし、秋は大型の連休もなく、予定はあると思います。『時間』『人手』がない方の場合では便利屋和歌山などの専門の業者に依頼すると良いと思います。便利屋和歌山では女性のスタッフも在籍していますので、女性服の扱いも安心できます。また着物などの高価な衣服の扱いも受け付けていますので心当たりがある方は一度相談してみると良いと思われます。



便利屋和歌山は創業13年、従業員数20名、地域に根付いた会社です。引っ越し・不用品回収・ごみ処分・遺品整理、害虫・害獣駆除・草抜・剪定・家事代行まで幅広く行います。 お気軽にご相談ください。

遺品整理、ゴミ屋敷など一軒家まるごと片付け、不用品回収は便利屋和歌山

不用品回収のことなら

便利屋和歌山|本店   〒640-8404 和歌山市湊556番地
便利屋和歌山|布施屋店 〒649-6321 和歌山市布施屋819-26
お問合せ TEL 0120-644-442
  • Twitter Social Icon

©Copyright 便利屋和歌山 All Rights Reserved.