ゴミ屋敷が片付けられない方へ


 和歌山県も秋になり、徐々に木々が紅葉に包まれていき、景色が変わってきています。キレイな紅葉で心が穏やかになる一方で、心に不安や悩みを持たれている方も多いのではないでしょうか?最近ではSNSや通販サイトが普及されて様々なものが簡単に手に入る時代となってきております。確かに便利ではありますが、購入されているものは本当に必要な物ばかりですか?実は衝動買いばかりなんてことはないでしょうか?衝動買いしてしまうと最悪の場合だと封を開けずにダンボールのまま放置されており、実質的に『ゴミ』となってしまっているというパターンはないでしょうか?それが積もり重なり周りから見るとゴミ屋敷のようになっている方はいらっしゃりませんか?時代の変化や進歩により何事も便利になってきております。しかし、その変化に私たちがついて行けていない場合が多いのです。今回は近代型のゴミ屋敷特有の原因や業者へ依頼する場合の注意点についてお話していきます。

 前説でお話ししましたが、近年はSNSや通販サイトの普及により「自分にとって心ときめく物」に出会う機会が多くなりました。ある意味夢のような状況ですが、物の数が増えてしまうことで部屋は徐々に埋め尽くされていきます。そしていくら整理しても、物が多ければ片付けられません。そして片付ける場所の広さもまた有限です。片付けるための場所を確保したなら、まずは本当に必要なものから片付けるようにしましょう。また物を買う時には部屋のどこに置くのかを考えてから買いましょう。置き場所が思いつかないものは先に部屋にあるものを売ることや、人に挙げる、ゴミとして捨てるなどをしてから買うようにしましょう。物をためてしまう人には人に相談できない方がいます。片付けられないことを、家族や近隣住民から文句を言われることがあっても、なかなか人には相談できませんよね。だらしない自分を見られるのが恥ずかしいという気持ちは誰にもあります。しかし、相談することは何事においても大事です。専門の業者であれば、ゴミ清掃にも慣れていますので、相談しやすいかもしれません。和歌山県の場合であると便利屋和歌山がオススメで、気軽に連絡してみると良いと思われます。

 また一つ一つのものに愛着や執着があると、なかなか捨てることができません。物を大切にすること自体は良いことですが、それが整理されていないと途端に収拾がつかなくなってしまいます。リサイクルショップに売ることも良いかもしれませんね。新しく誰かに使ってもらえれば無駄にならずに済みます。

 また根本的に「やる気が起きない」という方もいらっしゃると思います。「昔は整理整頓をきちんとしていたのに、どうして最近できなくなってしまったのだろう?」と思う人もいるかもしれませんし、本気を出せばいつだってできると思っている方もいるかもしれません。どちらにしても「今現在、部屋を片付けるやる気が起きていない」のは間違いありません。そんな時は一人で悩まないで、人の助けを借りるのも1つの手段です。和歌山県の便利屋和歌山は初めから最後まで委託することができますので安心です。

 続いて業者に依頼する際の注意点です。必ず見積もりをとってももらいましょう。片付けたくても片付けられない人の心理に付け込んで、とても高額な金額を請求してくる業者もいます。またホームページなどの広告では安く宣伝していても、現場でのオプション料と称して高い値段を言ってくる業者もいます。そのような目に合わないようにいくつかの業者に見積もりと取りましょう。見積もりを出さないで急いで契約するような業者は悪徳業者の可能性がありますので注意です。便利屋和歌山は見積もりを出してくれますし、次に許可証をチェックしましょう。廃品回収業を始めるには、一般的には下記の3つの許可証が必要になります。『一般廃棄物収集運搬業』『産業廃棄物収集運搬業』『古物商』です。一般廃棄物収集運搬業はゴミを集める時に必要です。産業廃棄物収集運搬業は個人からではなく法人からのゴミを集める時に必要です。古物商は集めた不用品の売買する時に必要です。自治体がなかなか新しい事業者の許可をしないこともあってこれらは新しい業者が参入しにくい分野です。これらの許可証を持っていない業者は、集めたゴミを不法投棄する可能性もあるため、注意してください。次に個人情報保護についての説明があるかどうかです。家の中のゴミや不用品は、個人情報がたくさん詰まっています。親切な業者かと思っていたら、自分の家の事をブログにアップされていたら嫌ですよね。そのようなことがないためにも個人情報の扱いについて確認しておきましょう。次に損害賠償の説明があるかどうかです。

不用品を片付ける段階で「万が一捨ててほしくなかったものを捨てられた時」に備えて、損害賠償保険があります。例えば「業者側としては壊れたものと思い捨てたけれど、依頼人としては思い出がある物だった」というケースです。とにかく安く片付けてほしいことばかりを優先してしまうと、後から大切なものがなくなってしまい、後悔することもあります。念のため、損害賠償保険には入るようにしましょう。4つの注意点を説明しましたが、当然4つとも便利屋和歌山はそのような事も対応しておりますので心配しないでください。

 まとめとして、誰にも相談できなく悩まれているのであれば、プロにお任せするのも一つの方法です。一人で悩まれずにプロに相談してみましょう。業者に連絡したからと言って必ず依頼しなければいけないことはありません。見積もりをとってもらうだけでも気持ちは変わるものです。依頼する際には、自分の希望を話してみましょう。便利屋和歌山は片付けの業務を何軒も経験しているので、恥ずかしくて言いにくいというような悩みでも相談に乗ってもらえます。不要なものを回収するだけではなく、買い取ってほしいという場合も、業者によっては喜んで引き受けてくれます。家がきれいになると気持ちが明るくなります。今日からできる片づけを、少しずつでもよいので初めてみませんか?


便利屋和歌山は創業12年、従業員数20名、地域に根付いた会社です。引っ越し・不用品回収・ごみ処分・遺品整理、害虫・害獣駆除・草抜・剪定・家事代行まで幅広く行います。 お気軽にご相談ください。

遺品整理、ゴミ屋敷など一軒家まるごと片付け、不用品回収は便利屋和歌山

不用品回収のことなら

便利屋和歌山|本店   〒640-8404 和歌山市湊556番地
便利屋和歌山|布施屋店 〒649-6321 和歌山市布施屋819-26
お問合せ TEL 0120-644-442
  • Twitter Social Icon

©Copyright 便利屋和歌山 All Rights Reserved.