【和歌山県】特殊清掃と遺品整理 について



 和歌山県でも本格的な秋が始まろうとしています。しかし日本が高齢化社会であることには変化はありません。家族構成も核家族が主流となり、今でも独居の高齢者が増加しているのが現状です。そのような日本の一つの社会問題として『孤独死』があります。和歌山県でも独居の高齢者が多いため誰にも発見されず、1人で旅立たれる高齢者が多いようです。今回は社会問題である『孤独死』に関連させて『特殊清掃』と『遺品整理』という2つの特殊な清掃についてお伝えしていこうと思います。

 まず『特殊清掃』という清掃の形態やその専門業者があることを存知ない方も多いように思われます。和歌山県にある便利屋和歌山がその一つです。例えば大きな話になりますが、事故や自殺などの原因でその痛いから散乱した血痕や、体液、異臭、ダメージを受けた室内などは誰が片づけるのでしょうか?血液や汚物となると遺族だけでは限界があります。そのような場合に清掃や異臭の除去、ハエやウジなどの不衛生害虫の駆除、室内の現状復旧を専門に清掃を行うのが『特殊清掃業』となります。近年では下記に説明する予定の『遺品整理』と同様の仕事とお考えの方もいるようですが、全く異なるサービスや専門性、知識、スキルを要します。そのことから異質の仕事と言われています。特殊清掃のサービスを提供する会社や事業所には、その専門性から高度な知識と技術を要するため、様々な資格者やそれと同等の知識やスキルが求められます。資格としては『臭気判定士』『医療環境管理士』『防除作業監督者』『一級葬祭ディレクター』などがあります。緊急を要する場合が多いため、ほとんどの業者が24時間365日体制で行っています。

 また特殊清掃について身近な例について説明します。皆様も道路上で車に轢かれ、死んでいる『犬』『猫』をはじめ『イタチ』や『タヌキ』などの動物たちを発見したことがあると思われます。そのような動物たちの処理も特殊清掃に含まれるのです。この場合はケースバイケースになることが多いのです。公道つまり道路の場合では国の土地になりますで、お住いの市区町村が処理を行うことになっています。そのような動物たちを発見した場合は市区町村に届け出ることになっております。しかし、市区町村も関与できない場合もあります。それは私有地で死んでいる動物たちの処理です。基本的に私有地に国は関与できないこととなっておりますので、家の庭や田畑で死んでいる動物たちの処理はできません。ではどうすればよいのか?一般でそのような業務を請け負っている業者に依頼するしか方法はありません。例を出すとすれば便利屋などです。和歌山県では便利屋和歌山が上記で説明した業務を請け負っています。便利屋和歌山ではこのような例があります。「庭で野良猫が死んでいる」「畑でタヌキが死んでいる」などです。ではそのような動物たちを発見した場合ですが、絶対に素手で処理を行おうとしないことです。野生の死因は不明なことがほとんどです。『寿命』『野生同士の喧嘩』『感染症などの病気』など様々な要因が考えられます。野生ですと様々な病原菌を保菌している場合がほとんどですのでしつこいようですが絶対に素手で触れないようにしてください。また処分方法ですが、普通の一般ゴミで処分しようとすると動物虐待などと誤解される場合もあります。このような理由から家庭内で処理を行うではなく、専門の業者に依頼することを強くオススメします。便利屋和歌山では目視では発見できない場合もあったそうです。例えば「屋根裏で害獣が死んでいる」「隣の家との塀の間に猫が挟まっている」などの事例もあります。そのような場合は『異臭』が原因で発見につながるのです。このような場合も作業が困難な場所になりますので、業者に依頼することをオススメします。和歌山県でも野生の動物たちが多く生息しておりますので、このような場面に出くわす機会が多いと思います。その時に慌てない為にも対処の方法や専門業者の連絡先を確認しておくと良いと思われます。

 続いて『遺品整理』についてです。遺品整理とは亡くなられた方の持ち物だった、様々な品物を整理し片づけ、物によっては処分やリサイクルすることです。持ち物と言っても財産より、主に家具、家電、衣服、食器などの『生活用品』やアルバム日記、書籍、書類などの思い出や記録、仕事関係の用品、または腕時計や宝石、アクセサリー類などの身に付けるものや高価な物などの身の回りの物を指します。葬儀などの法事が終わってからすぐに作業にかかることも多いです。また上記の前書きでも少しお話していますが、高齢化社会に伴い少子化や核家族化が多くなりつつある背景で、独居の高齢者が孤独死を迎えることが増えつつある世の中です。そのことから遺品整理という作業の注目度や必要性が高くなり、言葉自体も社会的に認知され始めています。

 一般的に遺品整理はいつまでにしなくてはならないという決まりがあるわけではなく、残されたご遺族の気持ちの整理がつくことが大切と言われています。遺品整理で困難な点としては物の多さです。いざ整理を始めても「どこから手をつけていいのか分からない」と頭を抱える人が多いです。家の押し入れや戸棚、納戸、物置などあらゆる収納スペースに物が詰め込まれているからです。それを家族、親族だけで整理しようとすると数か月かかるケースがあります。また整理や処分の物を分けていると大量の廃棄物が出てきます。ほとんどの場合、小型のトラック数台に匹敵する分量に至ります。一般的なゴミ収集に出せば、費用はゴミ袋代のみで済みますが、そのためには地域で決まっている分別をしてから決められた日にゴミを出す必要があります。ゴミ収集の日まで大量のゴミを保管しておくのは一苦労です。異臭や不衛生な害虫の発生は逃れられません。また、粗大ゴミの場合は有料と言うケースがありますので、前もって市区町村に日時と料金を確認しなければなりません。遺品整理の場所が家の近くにあればよいのですが、遠距離の場合は移動時間も考えて作業のスケジュールを組む必要があります。都会で仕事をしている人が田舎にある実家で遺品整理をするとなれば、スケジュールを調整して仕事を休み、それを繰り返す必要があります。大まかな作業や細かい作業が入り乱れる遺品整理ですが、それを専門にしている業者がいます。遺品整理業者です。和歌山県では上記でも紹介させていただいた便利屋和歌山となっています。遺品整理業者に依頼する一番のメリットは何といっても「時間」と「体力」です。一般の方が遺品を片づけるのは、本当に大変な作業です。中でも女性や高齢者の方です。重い荷物を運ぶことは難しいでしょう。便利屋和歌山であれば、大きな家具や不用品の処分はもちろん、リサイクル分別や換金作業などをすべて任せることができます。数時間で整理されますので時間を節約でき、体力を使うこともありません。労力や時間の都合がつかないという方は、便利屋和歌山に依頼することも考えてみると良いでしょう。デメリットは「費用」です。

 遺品整理の原則は『部屋を現状復帰させる』ことです。亡くなられた方や亡くなられた場所、経過時間などによっては体液や血液、害虫、汚物、異臭などの処理をする必要はあります。このような場合は特殊清掃を用いて、現状復帰させる必要がありますので、一般の方は難しいでしょう。そこで遺品整理作業をご自身で行い、特殊清掃だけを専門業者に依頼することで費用を抑えることができます。また同様に運び出しが大変な大型の家財道具などの処分だけを依頼するのも、費用を抑える方法の一つです。部分撤去や残置物の処分、仏壇仏具の処分、遺品の合同供養、特殊清掃などだけを依頼しても、便利屋和歌山であれば引き受けていただけるので上手に依頼してみましょう。



10回の閲覧

便利屋和歌山は創業12年、従業員数20名、地域に根付いた会社です。引っ越し・不用品回収・ごみ処分・遺品整理、害虫・害獣駆除・草抜・剪定・家事代行まで幅広く行います。 お気軽にご相談ください。

遺品整理、ゴミ屋敷など一軒家まるごと片付け、不用品回収は便利屋和歌山

不用品回収のことなら

便利屋和歌山|本店  〒640-8404 和歌山市湊556番地
便利屋和歌山|西浜店 〒641-0036 和歌山市西浜921
お問合せ TEL 0120-644-442
  • Twitter Social Icon

©Copyright 便利屋和歌山 All Rights Reserved.