【和歌山県】害獣の生態や被害について

 日本の中でも和歌山県は自然が多く、ゆったりとした過ごしやすいイメージがあると思生活の距離が近いことを意味します。

害獣は身近に生息する動物が人間の生活に不利益を与えることがあります。

害獣の被害の例としては「イノシシや猿が田畑を荒らし、農作物に危害を与える」「ネズミが家に住み着き柱を齧り、糞を撒き散らす」などが害獣駆除を必要とする理由になります。

害獣による被害は例に挙げたもの以外にも様々なものがあります。最も多い被害報告が屋根裏や天井裏でガサガサと物音がするようになった。夜も音が続くため眠れなくなったというものです。

このような被害であるならネズミやコウモリなどが害獣として挙げられます。理由としてネズミとコウモリは夜行性のため、夜に行動します。さらに、屋根裏や天井裏の狭い空間を自由に動ける大きさであることが特徴的であるからです。このように害獣と呼ばれる動物たちの生態や特徴を知っておくことで被害状況から予測がしやすくなり、対策や相談がスムーズにいく場合が多いです。今回は和歌山県でも被害の報告が多い『害獣』についてお話していきたいと思います。
 和歌山県で多くの被害報告が出ている害獣としては『アライグマ』『ハクビシン』『イタチ』が主に挙げられます。その他として全国的に多い『ネズミ』『コウモリ』についても少しお話しする予定です。
 

 まずは『アライグマ』についてです。アライグマといえば某アニメキャラクターを思い浮かべ、可愛らしいイメージを持っている人が多いと思いますが、害獣として私たちを悩ませる一面も持っています。

アライグマは長い尻尾と白いひげが特徴的で、見た目は可愛らしいです。しかし、性格は凶暴なことが多く、人間を襲うケースもあります。そのため、身近にいる危険な動物として扱われています。基本的には山や川など自然が豊富な環境で生息していますが、最近では食料を求めて人間の生活環境まで進出している傾向があります。

アライグマは凶暴な性格な上、特殊な習性が要因として害獣として認識されています。アライグマは夜行性です。そのため、夜間に騒音の被害に遭うことも少なくありません。住宅だと屋根裏や天井裏に巣を作ることが多いです。その場合は屋根裏や天井裏から大きな物音が聞こえるや鳴き声がすることがあります。これがネズミとの違いです。さらに警戒心が強く、縄張り意識が高いです。そのため、同じ場所にため糞をして自身のテリトリーをアピールします。これを屋根裏や天井裏など住宅内や敷地内などでされると悪臭や衛生面において問題となります。さらにアライグマの糞には人間に害を与える菌を持っています。『アライグマ回虫』という寄生虫も糞に含まれるため、健康被害が心配になります。

アライグマは雑食性で基本帝になんでも食べることができます。自然界では木の実や果実、昆虫類を食べていますが、人間の住む範囲では人間の食べ物や生ごみ、農作物なども被害の対象になります。よって、ゴミ捨て場を荒らすことや、田畑を荒らす被害が多く発生するのです。そして、上記で話してきたようにどのような環境に対応して生きていくことができます。そのため、繁殖力が高く、1年に一回の出産で数匹の子供を産みます。アライグマが発生し始めると、早めに対応をしなければどんどん数が増えていき、被害の範囲も広がっていくのです。アライグマは気性が荒いため、むやみに近づくことをお勧めしません。それだけではなく、衛生面や健康被害も心配になります。多くの被害を出さないために早めの対処を行うことが大切です。最も有効であるのが害獣駆除を専門にしている業者に依頼することが安全で確実であると思います。

 

 次に『ハクビシン』ですハクビシンは沖縄県以外の地域で多く発生しています。見た目は細長くのびた体と、名前の通り鼻筋に白い線があること特徴として挙げられます。ハクビシンはアライグマほど、気性は荒くありません。むしろおとなしい性格です。そのため、人間に襲い掛かるようなことはめったにありません。しかし、害獣として挙げられています。その理由は厄介な習性が多いことです。アライグマと同じくため糞をする習性があります。寝床にすることが多く屋根裏などが糞でいっぱいになることがあります。ひどい事例としては天井裏が糞で底抜けしてしまった場合があるほどです。住宅では天井裏を巣にするケースが多いです。それは高い身体能力と細い体を活かしているからであると思われます。アライグマと同様に繁殖力が高いです。1年に一回出産し、数匹を産むだけではなく、成長速度が速いです。生まれてから10か月ほどで出産できるまでに成長します。そのため、個体数が爆発的に増えます。ハクビシンがねぐらとして好むのは屋根裏や軒下です。本来ハクビシンは洞窟や洞穴などの閉鎖された空間に身を置きますので、その環境に類似しているためと思われます。最もの習性としては甘いものが好物であることです。そのため、果実やトウモロコシなどの作物が狙われる傾向があります。和歌山県は果実を多く作っていますのでハクビシンにとっては楽園と思われているかもしれません。ハクビシンはおとなしい性格のため、人間を襲うことは少ないです。一見危険性は少ないように思われますが、一度巣を作ってしまわれるとしつこくて厄介です。糞や尿による被害も計り知れません。和歌山県で被害に遭われている場合はできるだけ早くハクビシンの駆除を依頼しましょう。

 

 続いて『イタチ』です。本来イタチは自然界のみで生活圏とする動物です。農作物への被害は以前からありましたが、近年では自然の減少と共に住宅街まで生活圏を広げていき、人間の生活圏での被害報告が増加しています。イタチの見た目は尻尾が太く、足が短いという特徴があります。性格的には凶暴で、自分より小さい動物だけではなく、大きな動物にも襲い掛かることがあります。よって、住宅地でペットとして飼われていることが多い犬や猫も襲われる被害があるそうです。今ではイタチは日本全域に生息しているため、和歌山県にも多く出没していますので、皆様の近くにも生息している可能性があります。イタチは食べ物に肉を好みます。そのため、糞の悪臭が強いという特徴があります。天井裏や庭などに糞をされると汚いだけではなく、細菌や寄生虫も多くあるため健康被害が心配になります。上記でも説明したように凶暴な性格なため、ペットが襲われる場合があります。ひどい場合はニワトリなどの家畜が襲われることや幼い子供が遊んでいた際に襲われたという事例もあるそうです。周囲でイタチの被害報告が出た際は幼い子供だけで遊ばせるのは控えるほうが良いと思われます。恐ろしいのはイタチだけではなく、イタチの体に付着しているノミも注意する必要があります。イタチを発見するとノミも一緒にいると考えるほうが良いです。そのため、ノミに噛まれるなどの健康被害も視野に入れる必要があります。イタチが家屋内の屋根裏に侵入するとまず初めに巣を作ります。その材料として断熱材を使って巣作りをすることがあります。巣を発見した場合は糞や尿の被害だけではなく断熱材の損壊状態も確認する必要があります。イタチ駆除の際には断熱材の取り換えなどの対処も行うことになるでしょう。イタチは夜行性です。主に深夜から明け方頃活発に活動します。そのため、寝ている間の騒音被害にも見舞われます。屋根裏をドタドタと走り回れることや鳴き声に襲われることが多いです。それが毎日のように続くと睡眠時間が減少し、ストレスの素になることがあります。イタチは他の害獣と同じように糞や尿、騒音の被害は多いですが、それだけではなく害獣の中でも凶暴です。駆除の際に襲われてケガをする可能性が非常に高い動物です。よって駆除の際には業者に依頼するのが安全であると思われます。
害獣として代表的なのはアライグマやハクビシン、イタチですが、それ以外の動物から被害を受けるケースもあります。前置きの説明で紹介した『ネズミ』『コウモリ』の生態と被害を簡単に説明します。

 

 まず『ネズミ』です。身近な害獣といえるネズミは日本全国で被害報告が出ています。小さい体を活かして、あらぬる箇所から家屋、店舗、飲食店などに侵入してきます。ネズミは知能が高い動物です。そのため、同じ駆除方法を実践していると仲間同士で共有し、学習する傾向があります。被害としては家屋を齧られることが多く、また様々な細菌を蓄積させているので衛生面での影響している被害が多いです。

 

 続いて『コウモリ』です。コウモリ自体は世界各地で生息していますが、日本では『アブラコウモリ』が多く生息しています。壁の隙間や通気口などから住宅に侵入して糞や尿の被害をもたらすことがあります。さらにアブラコウモリは集団で行動するため、被害は想像以上に大きくなります。駆除の際は追い払うだけではなく、再度侵入されないための対策も必要になります。被害としては糞や尿などが原因となる感染症の発生など衛生的な被害が多く見られます。悪臭だけではなく、ゴキブリやハエの被害につながる連鎖的な被害の拡大につながることもあるそうです。
害獣駆除は追い払うだけでは十分とは言えません。まず追い払うことは大切ですが、害獣たちが残した糞や壊された断熱材がそのままになっています。残った糞で天井が痛んでしまうことや残った菌が原因になり健康面で被害が出るなどの『二次被害』の可能性が十分にあります。二次被害が起こるとせっかく追い払っても快適な生活に戻れない可能性があります。


最後にですが、害獣を自分で駆除する前に住んでいる地域・地区の条例を確認してください。害獣は『鳥獣保護法』という法律によって守られています。害獣も動物です。その動物たちの住処を減少させている大きな原因は人間のエゴです。それを理解してください。この法律では、許可なしでの害獣駆除や捕獲を禁じられています。そのため、勝手に判断し手を出すのは望ましくありません。和歌山市では害獣駆除を行う際は、業者に依頼するほうが安心であるといえます。自分で行うのであれば、追い出すや侵入を妨げるなどの害獣に直接危害を加えない対処を心がけましょう。ただし、これでは完全には解決できない場合があるため「早く解決したい」「確実に追い出したい」という場合は害獣駆除のプロに相談したほうが良いでしょう。

和歌山の害獣駆除

害獣

駆除

便利屋和歌山は創業13年、従業員数20名、地域に根付いた会社です。引っ越し・不用品回収・ごみ処分・遺品整理、害虫・害獣駆除・草抜・剪定・家事代行まで幅広く行います。 お気軽にご相談ください。

遺品整理、ゴミ屋敷など一軒家まるごと片付け、不用品回収は便利屋和歌山

不用品回収のことなら

便利屋和歌山|本店   〒640-8404 和歌山市湊556番地
便利屋和歌山|布施屋店 〒649-6321 和歌山市布施屋819-26
お問合せ TEL 0120-644-442
  • Twitter Social Icon
  • Instagram

©Copyright 便利屋和歌山 All Rights Reserved.