仏壇回収のコストと流れについて

 和歌山県も秋になり、徐々に山々が紅葉に包まれていく景色へと変わっています。キレイな紅葉で心が穏やかになる一方で、心に不安や悩みを持たれている方も多いのではないでしょうか?例えば「仏壇の処分方法が分からない」「ゴミの捨て方が分からない」「引っ越しをしたいが片づけ方が分からない」など様々な不安要素があると思われます。そこで今回はその中でも最も一般的に知られていないと思われる。『仏壇回収・処分』についてお伝えしていきます。というのも『仏壇回収』が最も和歌山県では悩まれているようで相談者が多いようです。お客様からの具体的な悩みとしては「仏壇を処分したいが、何となく縁起が気になる。」「勝手に仏壇を処分してしまうと、悪いことが起こるのではないか」「怪しい業者に依頼して不法投棄されなくない…」などです。社会の高齢化に伴い、面倒を見られなくなった先祖代々の仏壇を、やむなく手放さざるを得ない方が増えてきています。こうした仏壇や位牌などの整理処分をすることを『供養じまい』と言います。かつては、多くの家庭がお坊様との付き合いも深く、供養じまいについて、気軽に相談できる環境がありました。ただ社会にも徐々に変化が起こり、寺院との関係もだんだんと希薄になっており、いざ供養じまいで仏壇を処分するのに当たって、その方法や費用をだれに聞けばよいのか分からない方が多いのも現実です。料金の相場が分からないままお坊様に相談するのも不安がある方も多いと思われます。そのような悩みをお持ちの方を対象に和歌山県を中心に関西(近畿)地方で仏壇の回収・廃棄処分・魂抜きを行っている専門業者があります。便利屋和歌山が代表的に上げられます。

ではまず初めに仏壇を処分する前に確認しておくことがあります。それは開眼法要が行われているかどうかです。開眼法要は魂入れとも呼ばれるもので、新しい仏壇やお墓などを作った際に行われる法要です。故人の魂は仏壇に自然と宿るものではありますが、その霊位を呼び覚ますという意味合いで開眼を行います。つまり、開眼法要が行われている仏壇は、故人の魂が納められていますその開眼供養が行われた仏壇は、処分を進める前に閉眼法要を行います。閉眼法要とは開眼法要の逆で、故人の魂を納める役目を終えさせるための法要です。魂抜きとも呼ばれるもので、これを行うことにより、仏壇は木の入れ物へと戻ります。この供養を行わないままに処分することは、故人の魂ごと処分することになってしまうため、必ず事前に確認するようにしましょう。閉眼供養を行うには、お葬式や法事でお世話になった菩提寺に連絡を取り、対応して頂けます。お付き合いのある菩提寺がないという方は便利屋和歌山に相談し、閉眼供養を行える菩提寺に依頼することができるので心配ありません。

閉眼供養を終えて始めて、仏壇を処分することができます。処分方法は次の通りです。まず1つ目が『お寺に引き取っていただく』です。菩提寺がある場合、閉眼供養をした後、そのまま引き取ってもらえるお寺もあります。お寺によっては、菩提寺の関係でなくても仏壇の引き取りや供養を行っていることもあります。2つ目に『仏具店に引き取っていただく』です。多くの仏具店では、仏壇を販売するだけではなく、仏壇の処分引き取りサービスも行っています。また、仏具店のなかには閉眼供養から処分までを一括で行っているところもあります。ちなみに上記で紹介した便利屋和歌山でも閉眼供養から処分までを一括で行ってもらえます。3つ目に『粗大ごみとして処分する』です。閉眼供養を行った仏壇は、宗教上は木の箱といえる状態であるため、粗大ごみとして出すこともできます。自治体や仏壇の大きさによって処分手数料は変わり、小さいサイズのものであればご自身で解体し、燃えるゴミとして出すこともできます。4つ目は便利屋などの専門の業者に依頼する方法です。和歌山県では便利屋和歌山が最も有名です。便利屋などに依頼すると融通が利く場合もあり、閉眼供養から仏壇の回収・処分・売買までの一通りの流れを依頼することもできますので、お客様は特別何かをする必要がありません。コストも不安に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そのことにも融通が利くかもしれません。

では皆さまも気になっていることと思いますが、各処分方法のコストとメリットデメリットに関して説明して行きます。まず菩提寺です。菩提寺でのコストは基本的に有料で宗派や檀家によって異なるため、それぞれの菩提寺に確認する必要があります。その付き合いの密度によって費用が異なる場合もあります。メリットとしては開眼供養から閉眼供養まですべてを執り行ってもらうことができます。デメリットとしては菩提寺に対して毎月のお勤めがあるので、面倒と思うことがあるかもしれません。次に仏具店です。仏具店に依頼するコストとして相場としては20000~80000円となります。金額が大きく変動する理由としては仏壇の大きさ・搬送距離によって変動します。ただし仏具店に仏壇を持参する場合には無料となる店舗がほとんどのようです。仏具店でのメリットとしては新しい仏壇の購入がしやすく、また処分する日程との調整がしやすいです。処分と購入を同時に行うことができます。仏具店は売買が本職に専門になりますので、購入と処分・買い取りの手続きがとてもスムーズに行えます。さらに引き取りを依頼すると新しい仏壇購入をする際に値引きが行われることがあります。経済的にも良いと思われます。これらからのデメリットとしては新しい仏壇を購入する予定がないもしくは別の店舗で購入の予定をしている場合では仏具店には依頼しにくいかもしれません。次に粗大ごみに出す場合です。自治体にもよりますが相場は500~2000円程度になります。仏具店と同様に仏壇の大きさによって変動します。粗大ごみとして自宅近くの指定場所に捨てることになります。仏壇の形をした箱をごみ収集所に捨てることに抵抗が無い方は、処分方法の一つとして候補にあげるとよいでしょう。メリットとしては費用が安くて済みます。金額は自治体によって異なりますので、事前に確認することをおススメします。自分で処分するため、面倒な手続きが少なくて済みます。事前に自治体への確認と申請は必要ですが、書類作成などが少なく済みます。デメリットとして自治体によって仏壇を引き受けてくれないところがあります。またゴミ収集所に仏壇を捨てることによる人の目が気になる方もいらっしゃると思われます。また極稀にですが、ゴミ回収者によっては宗教上の理由から不快な思いをさせてしまうこともあります。最近は海外からの就労者も多いので可能性としてはあります。次に専門業者に依頼する場合です。コストとしては業者と依頼する内容によります。和歌山県にある便利屋和歌山でも相場は幅広く時価になります。仏壇の大きさ・搬送の距離により異なります。メリットとしては魂抜きからすべてを任せることができます。また粗大ごみでのデメリットに挙げたように粗大ゴミとして処分しないため、人の目が気になりません。自身で自宅から仏壇を移動させる手間がありません。そして、指定した日に処分することができます。デメリットとしては粗大ゴミに出す場合と比較して、費用がかかります。また業者を探す手間がかかります。おススメの業者としては関西(近畿)圏内としては便利屋和歌山がオススメです。

 これからは一般的な仏壇処分の流れについて紹介していきます。仏壇の処分を検討される場合には必要な手続きもありますので、時間に余裕をもって検討していきましょう。まず開眼供養が行われていたかを確認します。開眼供養を行っていた場合はまず菩提寺に連絡をします。菩提寺に閉眼供養を施していただく必要があります。閉眼供養は魂を抜く儀式となります。続いて古い仏壇を運び出し、処分します。搬送と処分に関しては上記の説明を参照してください。閉眼方法を行わずに、仏壇を処分することは、故人の魂を捨ててしまうことになりますので、気を付けましょう。仏壇の業者に依頼する場合は、きちんと供養をしてくれるのか心配があるかと思います。しかし、業者によっては『供養証明書』を発行しているところもあります。事前に確認することをオススメします。ちなみに和歌山県の便利屋和歌山ではしっかりとした供養を行い、『供養証明書』も発行しております。気になった方は一度検索してみてください。

 仏壇は引き取りだけではなく、買い取りを行っているところもあります。『古美術商』では代々伝わる仏壇や仏画や仏像などを扱っています。もし処分する予定の仏壇に美術的な価値がありそうと思われる場合は古美術商に相談してみましょう。『仏具店』では上記で説明した通りになっています。気軽に相談してみましょう。また『リサイクルショップ』によっては、仏壇を引き受けてくれるところがあります。この場合、気を付けることとしましては、移動手段です。仏壇は繊細なものとなりますので、素人が動かしたことで壊れてしまうことがありますので注意が必要です。また、リサイクルショップの中には、特定の宗派向けのリサイクルショップがあります。事前に、菩提寺に確認してみるとよいでしょう。また『ネットオークション』という手段もあります。ネットオークションでの取引は少ないものではありますが、家具調の仏壇やコンパクトな仏壇で汚れや損傷箇所がないキレイな仏壇のお場合は、希望する方もいます。さらに、海外では日本文化は人気がありますので、海外でのマニアにとっては高額な取引をされる方もいるかもしれません。出品には特に制限がありませんので、出してみるのも良いでしょう。この場合の注意点として、移動には注意しましょう。搬送での損傷は台無しです。ちなみに仏壇の下取りについては仏具店でも紹介しましたが、新しく仏壇を購入するお店に相談してみましょう。新しく仏壇を購入する際に無料で下取りしてもらえることがあります。移動や搬送に関しても専門家であるので、傷を付けず運ぶことができます。ちなみに先ほどから紹介させて頂いている便利屋和歌山ではそのような代行サービスも行っていますので気になる方は一度相談してみてはどうでしょうか?

 コストと流れ、買い取りなどの手段を説明したところで仏壇を買い替えるのに気を付けなければいけないポイントについて説明していきます。新しい仏壇の購入や、古い仏壇の処分で慌てることや、後悔することがなくなりますので、必ずポイントを押さえておきましょう。事前にお坊様に相談しましょう。開眼供養や閉眼供があるため、必ず相談しましょう。日にちによってはすでに予定があり、希望の日にちに行っていただくことが難しい場合があります。また新しい仏壇を購入する予定がある場合には必ず届く日にちや時間を確認するようにしましょう。仏壇の種類や人気のある仏壇の場合、手元に届くまでに時間がかかる場合があります。また新しい仏壇を設置する場所を変えたい場合、事前に設置する場所を決めておきましょう。宗派のよっては、方角が決まっていますので、注意が必要です。そのようなポイントで悩まれている方は便利屋和歌山なら適格なアドバイスを頂けると思われます。また仏壇を引き取ってもらう前に必ず仏壇の中に忘れ物がないようにしましょう。位牌や遺影はもちろんのこと、引き出しの中身の確認をしましょう。仏壇の種類によっては隠れた引き出しがついているものもあります。その中には家系図などの『家』にとって重要な書類や金品が残されている事も多い為、念入りに確認しましょう。また親族の中には、仏壇を処分することに抵抗がある方がいるかもしれません。その仏壇で供養されている方々とかかわりのある方にも確認しながら処分を進めましょう。

 仏壇のコスト、流れ、買い取りや下取り、注意点について様々な角度から説明してきましたが、どうでしょうか?少しはイメージがついたでしょうか?位牌や仏壇の面倒を見ることができず、供養整理をする人が増えてきています。付き合いのある菩提寺がある場合や、親しいお坊様が近くにいたりすれば相談もできますが、そういう関係に煩わしさを感じる人も多いようです。さらに、初めて仏壇を処分する時、少なからず、後ろめたい気持ちになってしまうことがあると思います。しかし、きちんと閉眼供養を執り行った上での処分であれば、何も問題ありませんので安心して処分することができます。また、移動する時の法要や移動・搬送手段についても、気を付けるポイントを挙げました。大切なご先祖様が過ごしてこられた場所です。新しい仏壇で気持ちよく過ごして頂くためにも、処分する時にも最後まで、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

便利屋和歌山は創業13年、従業員数20名、地域に根付いた会社です。引っ越し・不用品回収・ごみ処分・遺品整理、害虫・害獣駆除・草抜・剪定・家事代行まで幅広く行います。 お気軽にご相談ください。

遺品整理、ゴミ屋敷など一軒家まるごと片付け、不用品回収は便利屋和歌山

不用品回収のことなら

便利屋和歌山|本店   〒640-8404 和歌山市湊556番地
便利屋和歌山|布施屋店 〒649-6321 和歌山市布施屋819-26
お問合せ TEL 0120-644-442
  • Twitter Social Icon
  • Instagram

©Copyright 便利屋和歌山 All Rights Reserved.